ロッシ並のライダー製造法

全然、タイトルと関係ないようなリンク先なのですが・・・

ハイグリップタイヤとドライビングスキル

見ての通り、4輪の場合のドライビングスキルアップには、ローグリップタイヤで鍛えろ!みたいな話なのですが、この中に気になる台詞がありました。

自分のドラテクは自慢出来るほどではないけど、それなりに自信はある。それが客観的に評価されてしまうと自分自身や自分の愛車を否定するような気がする。

これは、「クルマ」「コンディション」をイコールにして、「ドライバー」の速さのみを競おうという主旨のイベントに対する一つの意見です。この気持ち、わかりますよ。ひょっとしたら、自分も同じ人種かもしれない。スポーツ走行にしろ、ショップのイベントにしろ、たいていの人が「ラップタイム」を気にします。ってゆーか、気にしすぎる。

何も理解できないままタイヤのグリップ力に頼ってスピードアップしてゆくと、エマジェンシーコントロールが全く出来ないままラップタイムだけが速いドライバーが誕生してしまう。

怖いことです。全員そうだなんて思いませんが、でも絶対いると思います、こーゆー人。もっと限界の低いタイヤなり、車・バイクで練習してからステップアップしてゆかないと技量は身に付かないってことですね。

逆に言えば、日本にそんな環境がないのかもしれないし、日本人気質が影響しているのかもしれません。レースの各クラスにはレギュレーションがあり、最低のイコールコンディションは確保されているように思えますが、規定以外のもの・・・タイヤのコンパウンドだとか、タイヤウォーマーだとか、オイルだったり、エンジンのメンテナンスだったり・・・で他人の上をいこうとする人が必ずいて早いタイムを出します。すると、焦りだし、同じような装備やメンテをして差を縮めていこうとするわけです。それが「レース」だからといえば、それまでですが・・・。そーしている間にスキルが身に付くようにも思いますが、やはり、限界ぎりぎりを経験することはほとんどないでしょうね。クラッシュ・転倒すれば、自らも自分のマシンも痛手を負いますから。 :arrow-u:

そういう車・バイクを提供して人材を育てるようなシステムがない限り、そのようなことは自分ではできないのではないかと思うわけです。(特に二輪は) 二輪GPの世界にも一瞬日本人の時代がやってきた時もありましたが、故 加藤大治郎選手に続くようなライダーは現れていないと思います。世界一速いバイクを作る国に世界最速のライダーはいない。さびしいじゃないですか。

野球やサッカーもいいですが、こっち方面にも投資してくれませんかね、そこのドラえもんに似た人。 :lol:

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする