Z

車,Z,S30

久々にS30、フェアレディZを見た。

現行Zも人気でよく見かけるが、ボクら世代で「Z」と言えば、「S30」だろう。

ロングノーズ、ショートデッキのZデザインを確立した最初のZ。
本格スポーツカーとして世界中で高い評価を獲得。
国際的なレースやラリーでそのポテンシャルを実証した。

S30以後現行まで日本車には珍しいデザインの統一性を感じる車だ。オープンボディのSR311/SP311フェアレディからするとまるで別物になったS30。いまや伝説の「Z432」や「240ZG」「2by2」といった馴染み深い単語もここから生まれた。「432」の意味は「DOHC4バルブ/3連キャブレター/2カムシャフト」って繰り返し覚えたものだ。 :lol:

フェアレディZ

この画像の色からは「240ZG」を連想するな。Gノーズを装着したZは当時羨望の的だった。やたら長いノーズは免許取りたての私にとって運転しにくい何物でもなかった記憶がある。(OS技研ステッカーが泣かせる・・・)

当時はまだ排ガス規制前で牙を抜かれておらず、L20もレスポンスがよかった。L28を積んだり、さらにボアアップしたり、改造し放題の車だったなぁ。ショップに勤める後輩の話だとパワーを上げすぎて、シャーシがついていかず、前後にちぎれたというのを聞いたことがある。(加減を知らんのか)

レースでもラリーでも活躍した車種なんてそうそうなかろう。スカイラインとはまったく違う魅力を持った車だった。(ほれぼれ)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする