広島風お好み焼きの鉄則

第二の故郷とも言える「広島」。広島といえば、お好み焼きじゃけぇ∼。無論、広島風ですたい。(なんでやねん) 広島で広島風というわけもなく、そりゃ他県での名称ですわな。しかし、岡○で食べてもやはり本場に勝ちようがなく・・・。なんか勘違いしてるのよね、広島風を。全然違うのに広島風を名乗るでない! :evil:

で、たまに自分で作るのだが、いつも作るのを見てたわりにその通りにはいかず。特に生地を薄く延ばして焼く時におたまの底の引っ付いて、穴が開いたりしたものだ。やっぱり、プロには勝てんと思ったのだが・・・

うしし、これはいいことを聞いた。 :mrgreen:

ためしてガッテン

ホットプレートで作る広島風お好み焼きの鉄則

1. 生地をのばす
配合は、薄力粉100グラム、水100ミリリットル、牛乳50ミリリットル。
2. 具をのせる
キャベツは太めの千切り200グラム。ネギ、もやし、豚肉などの具はお好みで。温度は170℃
3. ひっくり返す
蒸し焼き8分。温度は220℃
4. 8分たったところで軽く押さえる。
5. タマゴにのせる
6. ひっくり返す
7. ソースを塗る
8. キャベツが超甘く、生地が超うすい広島風お好み焼きが完成!

生地は牛乳を加えるのがミソ。プロは1日寝かせるらしいが、牛乳を加えることでその効果が得られる。あとコツは何もせずに8分我慢して焼き続ける。これで、キャベツの甘みが出るという。んー、奥が深いねぇ。

あっ、もう一つ。これはどこでも手に入るかわからないが、7のソースはやっぱり「オタフク」で!

追伸:あー、たまらん。今週末にでも作ろうか。 :arrow-l:

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. フク より:

    やれやれ、これだから他県民は。。 :!:
    ソースはこれ、広島県民の常識だよん。 :mrgreen:

  2. Masayan より:

    お好み村がオレを呼んでいる・・・。 :mrgreen:

  3. フク より:

    あれ、リンク入ってないな?
    これってのはこれのことなんだけどな :!:
    オ○フクなんて言ってるようじゃ素人やね :mrgreen:

  4. Masayan より:

    知らんなぁ、そんなの。 :mrgreen:
    でも、ホントにうまい?

    しかし、名前がなぁ∼。阪神ファンやで、オレは。 :cool: