いま会いにいきます。

なんとボクのハニー(笑)は車検切れだった。検査受け渡しで乗り出し価格は約38万円ちょっとになる。これはだいたい中古TRXの相場だ。そして、一番聞きたいところは案の定、店に来て見せてください・・・だった。(や、やっぱりぃ∼) :cry:

もう早く死刑判決を受けたいので、早々に店に出向く。久々にCBRに乗る。しかもリアタイヤ、ダンパラバー、エンジンオイル(エレメントも)交換後、初試乗だな。ダンパラバーの効果はてきめんでかなりギクシャク感が薄れている。こんな状態を確認したらまだまだ走れるという思いがよぎる。しかし、トドメを刺されなくてはならないのだ。

店に到着。バイク屋に入るのは何年ぶりだろう。しかもKawasakiのディーラーだし。Kawasakiの店でTRXというのもなんだが、YSPでも置いてないのだからしょうがあるまい。ちなみにKawasakiライダーのためのユーザークラブは「KAZE」といい、メーカーカラーの「ライムグリーン」と重なって草原を吹き抜ける「風」のイメージがある。(さわやかぁ∼)

店内で私はすぐに「○×」さんだとバレた。CBRで行ったのだからわかるわな。これが先ほどのKawasakiのイメージとは正反対な「濃い」、ひじょーーに濃い顔の店員(実は店長だった)に声をかけられた。(爆)

店長はすぐTRXを見せてくれた。エンジンをかけ、一通りの説明をしてくれる。

○ チョークレバーは折れているが、交換する
○ 右前ウィンカー上部のキズ (転倒によるものではなさそう)
○ マフラー等の小キズ
○ センターカウルの割れ(定価4万円だが、1.5万円の負担で交換してくれる)

ちょっとまたいでみる。不思議なことに自分のバイクっていう気がした。足つきもまあまあ。フクちゃんのVTRより低いカンジ。外観は9年落ちのわりにきれい。ただ、樹脂パーツは色褪せぎみだ。

さて早々に判決してもらうため、CBRの査定をしてもらう。待つこと15分。かなり念入りに見るんだな。そういや査定なんてしてもらうのは初めてだ。もしもこのTRXに乗り換えたとしてもバイク屋で買う2台目のバイクでしかない私。はっきり言って、こんなにバイク屋に留まることがない。暇だから店内を見て回る。さすが新車はきれいですな。それで余計TRXの樹脂パーツが色褪せて見えるんだよな。 :arrow-u:

おっと、店長がやっと戻ってきた。<続く>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする