CB50 vs TRX850

TRX850を購入できた第一功労者である「フクちゃん」にお披露目に行った。 :wink:

試乗会という名目なので、昼食後いそいそと2人で出かける。彼は往年の名車「CB50」を引きずり出した。四半世紀を軽く越えるこの名車は私にとっても目の上のタンコブ・・・い、いや、なつかしのバイクである。

学生時代、このCB50はなかなかの強敵だった。加速感がない割に最高速がかなり伸びるホンダマジックエンジンを搭載したこのバイクは、私のRD50SPのライバルであった。キャストホイール、油圧ディスクの豪華装備のRD50SPをもってしても最高速だけはかなわなかったのである。(苦笑)

そんな懐かしのバイクと共にこれまた懐かしの「灰が峰」へ出発。焼山方面からの裏ルートで向かう。アップダウンがキツいコースなので、往年の名車も苦しそうである。CB50も変わってなければ、それに乗るライダーもあまり成長してないようである。全伏せでストレートを全開にするフォームはもう文化遺産ものである。 :lol:

CB50 vs TRX850短いストレートでは70km/hどまり。勾配が増すとそれに比例し速度も落ちる。後ろから見るその姿にタイムスリップしたような気分に陥る。TRXが850cc。その10分の1以下なんだから遅くて当然である。灰が峰の頂上付近は特に急勾配でCB50はローでもキツそうである。ビッグキャブは気圧に非常に敏感である。コォォォ∼という吸気音がこだまする。私は彼のバックミラーから見える位置で左手で顔を扇ぐ仕草をしながら余裕をアピール。(鬼

試乗会の出来そうな場所に移動する。そこまでの間は下りなのでCB50も90km/hをマークした。非常に彼は満足げである。(大人になれよ) ちょっことTRXに試乗した後、インプレッションに聞き入る。完全レース仕様のVTRと比べてもしょうがないのだが、ブレーキとサスは要改善項目のようだ。(確かに・・・) ゆっくりと時間をかけて私好みに仕上げていこうと思う。(ってか、資金難)

また、ツーリングに行こうと誓い、別れたのだった。 :arrow-d:

【走行距離】 約360km

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. フク より:

    うーん、ツーリングマジで行きたいなあ、でも金も暇もバイクも無いし。。 :lol:
    CBでもいい? :cool:

  2. Masayan より:

    600km走れるんやろな? :mrgreen: