[DIY] レーシングスタンドを作る <構想から試作へ>

是が非でもブレーキパッドは交換せにゃならんので、これまた整備に必須のレーシングスタンドは自作することにする。一度に何もかも揃うわけがない。 :lol:

えー、バイクは2輪であるからして自立できない。そこで、スタンドが付いているわけですが、最近のバイクは「サイド」スタンドしかついてないのです。後輪が浮くようなセンタースタンドを装備していればこんな苦労もいらないのだが・・・・。

ぶさいくだ

実はこれが初めてではなく、CBRの時も自作品だった。とても、人前に出せるような代物でもなかったが・・・。この時のスタンドは、かなりの失敗作で、支点の位置と角度が悪く、ちょっとした事でスタンドが外れてしまいそうになった。長時間整備する際は、重りをのせなければならなかった。でも、岡山国際のピットで使うわけじゃなし、持ち運びもないのでかっこ悪く重くてもいいのだ、機能さえ果たせば。(でも、もうちょっとカッコよく作ろう)

今回はその反省を元に入念に寸法を測り、無い知恵を絞って考えてみた。構造はいいとして、材料だな。会社の廃材をゴソゴソあさると25mmの中空角棒が出てきた。長さもちょうどいい感じだし、これに決定。製品として売っているスタンドは丸棒なのだが、曲げが左右対称にできる自信がないので×。スイングアームに引っ掛ける部分があるのでこれを利用する。問題はこれをどうやって受けるかだが、製品版を参考に形状を考える。

さて、肝心な寸法だ。引っ掛ける部分から地面まで約280mm。50mm上げるとして330mm。正三角形にするとして、

√3:330=2:x x≒380

よし!腕の長さは400mmくらいでいいと思う。(なんでやねん) 長いとつぶしが利くのよん。 :wink:

用意した道具
アーク溶接機、高速切断機、ボール盤等 (一般人がこれだけ揃えられるとは思えんが・・・)

材料を切る。とりあえず左右の三角形部分を2つ作ってから現物合わせだぁ∼。(ドコが綿密なんだか・・・) こういうものは実物を合わせながらじゃないとどうもアイディアが浮かばない。

案の定、引っ掛ける受け部分で手間取る。こんな形状にわざわざ仕上げるのが面倒だなぁ∼。探し回ると違うサイズの角材を発見。これでいいか、加工も楽だし。

新作スタンド

で、こうなる。引っ掛けてスタンドをかけてみると・・・・

なんじゃ、こりゃあ∼

<続く>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする