[DIY] フロントスタンドを作る

サスペンションの調整、フロントタイヤの交換等、実にフロントを上げなければならないことが多いのです。もちろん、フロントスタンドの市販品を購入すれば即解決ですが、リアも作ったことだし、フロントも作ってみましょう。(苦笑)

5mmしかない・・・

実は、『メンテ時の前輪リフトUP方法は?』なんてページを参考にさせていただいてます。が、リンク先のTRXは社外フルエキ装着車で、エキパイとエンジン下部のクリアランスが純正エキパイに比べ若干広いようです。したがって、ナットを溶接するとプレートが入らないわけです。

方法は違えど原理は一緒。違うもので下から押し上げてやればいいわけだ。ただ、ボルトのように「点」で押しては不安定この上ないので、できれば「面」、最悪でも「線」で押すこととする。

材料ぐらぐらを止める

考えた結果、これらの材料で作ってみる。エンジン下部からジャッキの底までは70mm以上ないと押し上げられない。そこで10mm厚の鉄板があったのでこれを溶接し、70mmを確保。コの字の間に入れて押し上げるわけですが、へたっと寝ては一大事なので、8mmナットを4箇所溶接し、ぐらぐらしないように工夫。

コレをエキパイの間に入れてジャッキアップ! 見事成功です。

整備中

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする