TX500

TX500ちょっぱーの散歩コースのとある家の庭先にTX500の色違いが2台。プレートが切られているので、これからレストアするのか? するんだな?(笑) 1台くれぃ! :x

70年代前半に現れたこのバイクはいくら私でもリアルタイムではない。TXシリーズは当然知ってはいるが、500は記憶に薄い。また750、650はOHCだったが、500はDOHC8バルブだ。見た目にもかなりスポーティ。くぃっと上がったマフラーがかっこいい。この後姿を見ているとどうしてもTRX850のリアビューを思い出す。なんだかコンセプトが似ている気がするのだ。今見てもあまり古く感じないねぇ。

マシンのキャッチフレーズは、“4サイクル・マッハ”。シャープに吹け上がる胸のすく加速感を持つDOHC 8バルブのレーシングマシン並みのエンジンを搭載していた。そのスペックは、48馬力/8,500rpm。当時としてはかなりの高出力だった。加えて乾燥重量は、182kg。この軽量さと、かなり深いバンク角が特徴であった。

TX500

TX owners club

CB750をはじめとする多気筒時代に飲み込まれてしまったTX。もちょっと時代がずれていれば面白い存在になっていたかも・・・。 :wink:

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする