ハヤシライス

実は我が家でハヤシライスを食したことがない。なぜだか作ってくれないのよねん。 :?:

ハヤシライス

ハヤシライスは、薄切りした牛肉とタマネギをバターで炒め、赤ワインとドミグラスソースで煮たものを白飯の上にかけた料理。日本独自の料理で、代表的な洋食のひとつ。

その名前の由来には諸説あり、商社・書店である「丸善」の初代社長であった早矢仕有的(はやし ゆうてき、1837年 – 1901年)が考案したという説、レストラン「上野精養軒」の林というコックが賄い食として考案したという説、ハッシュドビーフ・ウィズ・ライス(Hashed beef with Rice)が訛ったものであるとの説などがある。

肉は牛肉が一般的であるが、豚肉を使う場合もある。安い肉でも十分美味しく味わえる。また、マッシュルームやニンジンを入れてもよい。ビーフシチューをご飯の上にかけ、ハヤシライス風にして食べても美味しい。

ビーフストロガノフ

ビーフストロガノフ(beef stroganoff、ロシア語ではбефстрогановまたはговядина по-строгановски)は、代表的なロシア料理のひとつ。

牛肉の薄切りとタマネギ、マッシュルームをバターで炒め、若干のスープで煮込む。 仕上げとしてサワークリームをたっぷりいれる。 煮込みの際にトマトを使うものと使わないものがあり、どちらがオリジナルかは説が分かれる。 バターライスや白飯、揚げたジャガイモと共に供される。

なお誤解されやすいが、「ビーフストロガノフ」の「ビーフ」は“牛肉”ではなくロシア語で”∼流”、”∼風” という意味であり、発音も「ビフ」「ベフ」の方がより正解に近い。

日本独自の料理で、代表的な「洋」食のひとつ・・・和食ではないんだわさ。おもしろいね。見た目は、ビーフストロガノフとはかなり違うね。

来週実習?予定につき、お勉強。 :mrgreen:

懐かしくておいしい洋食 ハヤシライス
野外でブラウン・ルーは無理やろ。 :arrow-u:

ハヤシライス

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

:x :wink: :twisted: :shock: :sad: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :cheesy: :arrow-u: :arrow-l: :arrow-d: :D :?: :) :!: 8)