レポート考察

レースに参加した後は、祭りの後の寂しさ・・・的なことも感じますが、それ以上に悩ませられるのは「レポート」です。まぁ、別に書かなければそれはそれで・・・とも思うのですが、ここまで続けながら途切れるのもなんだし、それよりも何よりもこんなレポートでも読んでくれる人がいるというのが一番大きいですね。

ところが、書いている時のテンションといいますか、気分によってかなり文体、表現、文字数がかなり変化するんですな。ブログの記事ならだんだん過去に押し流されてゆくので、それでもいいかもしれないと思うのですが、静的ページのような場合、テンションの低いページはかなり目立ってしまいます。あと、数日に分けて書いた場合、書いた日のテンションが違ったら妙なレポートが完成します。難しいもんっす。 :arrow-u:

おまけに後々で書き直したりしない人なのでなおさらなのですよ。シングルモルトウィスキーのような生き方※1 ですんで・・・。

さぁて、テンション高くレポートに取り掛かりますか・・・。 :wink:

※1 何も足さない、何も引かない・・・
※2 ウケようとしてスベるのはテンションに関係ありません。あしからず。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする