尊厳ある写真

凛々しいちょっぱー

天才!志村どうぶつ園 「ぐっさんの!動物写真家への道」

私は、まったくもって影響されやすい男である。 :oops: ちょっと真似して撮ってみましたよ。

ちょっぱーを写真に撮るのは容易ではない。 :idea: カメラを構えてジッとしていれば必ず彼は近寄ってきてジャレ始める。彼より下の目線で狙おうものなら顔をしゃぶられまくりである。なもので、フツーに立って構えて撮ると同じような構図の写真ばかりで面白くない。勿論、彼も成長し毎日同じではないのだけれど、そんなことをわかるのは飼い主でしかない。背景でも変わらない限り、他の人はわからないだろう。

ちょっぱーは、物思いにふけって空を見上げるような犬ではないことは確かだ。まぁ、勘のいい人ならわかっていると思うが、見つめる先は「おやつ」である。でも、そんなことを言わなければ、なかなか凛々しいちょっぱーではある。 8)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. neck より:

    なるほど!そうやって写真を撮るわけですね。 8)

  2. Masayan より:

    <ウンチク>同じ命ある尊厳をもったものとして見るわけですよ。</ウンチク> :lol: