ETCマイレージ

暮れにMMRTの忘年会を大阪で開催した際に、当然移動は高速道路、しかもあの阪神高速を使うだろうということで我が愛車にもやっとETCを取付したわけでございます。どうも「阪神高速=料金所が多い」という方程式が頭の中にあるらしく、チャラチャラと数百円ずつ支払うのがめんどくさいと思ったわけです。2輪と違い、4輪は本業なので楽勝だったわけですが、実際に使用するとこりゃ便利。料金所はETCレーンを確認するだけでOK。今までの、金じゃ金じゃと騒いでいたのが嘘のようですたい。 :mrgreen:

既に2輪で走行時にETCカードが使えるように暫定マイレージ登録はしていたのですが、これで正式に車載器管理番号を入力して本登録ができたわけです。そして、その使用分がポイントになったという通知がきました。

なにぶん初めてのことだったので知らなかったのですが、年度末に無効になるポイントもあるらしく(私はまだないですが・・・)、その分に関してはポイントを還元額(無料通行分)に変更する手続が必要なんですな。

東/中/西日本高速道路株式会社、本州四国連絡高速道路株式会社、阪神高速道路株式会社、名古屋高速道路公社、福岡北九州高速道路公社、愛知県道路公社、宮城県道路公社によってポイントのつき方が違うし、また首都高速道路・その他の公社はポイントがつかないという非常に複雑な構造になっているようだ。高速道路という括りじゃダメなんっすかねぇ?

おまけに1000ポイントあれば8,000円分相当になるが、600ポイントだと2,500円分。つまり、999ポイントであっても2,500円分という罠。この時期になると調整しながら高速を使わないといけないのかしらん。 :idea:

せっかく、付けた(特にTRX)からには有効に使わせてもらいまっせ。 :wink:

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする