William Blake

これまたHDDの映画を見ていた時に気がついたこと。

博士の愛した数式

クレジットタイトルが流れる直前に、ブレイクの「無心のまえぶれ (Auguries of Innocence)」の冒頭の一節が朗読されるのだが、

一つぶの砂に 一つの世界を見
一輪の野の花に 一つの天国を見
てのひらに無限を乗せ
一時のうちに 永遠を感じる

トゥームレイダー (初回限定版)

死んだ父からの手紙にかかれていたブレイクの詩。

一つぶの砂の中に 世界を見
一茎の花の中に 天を見る
てのひらに無限を握り締め
永遠を一瞬に閉じ込める

確かに意味は一緒だが、なんだか感じ方は違うような・・・。 :wink:

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする