酷道439号線か…

国道439号線は、四国の国道では最長路線で徳島県徳島市∼高知県四万十市までの342.4km区間である。(らしい) ウィキペディアによると・・・

◆ いわゆる道路踏破趣味の者たちから「酷道(こくどう)」と当て字されるほど低規格な未整備道路であり、岐阜県の国道418号や紀伊半島の国道425号と並んで「日本三大酷道」に挙げられる。
◆ 当国道を長距離利用するドライバーは道路踏破趣味の者やカーナビゲーションシステムに誘導されて迷い込んだ者程度である。

とさんざんな説明をされている。 :arrow-u:

以前通った島根県益田市∼広島県廿日市市間の国道488号線といい、400番台の国道とはそのようなものなのだろう。道路踏破趣味の者にとってはたまらんのだろうが、オフ(ロード)に対応できるバイクで行くのが筋ではなかろうか?と思う今日この頃・・・。 :lol:

そんな評判を聞いても走ってみたくなるこの衝動をどうすればいいのだろう?

ウィキペディアで国道検索するのはあり!だな。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする