ありえない死

このことはスルーしようと思っていた。あまりに悲しいから・・・。ボクは元々そのような出来事はすぐに忘れようとするか、見ないようにしてしまう弱い人間である。だからたぶんこのことは書かないだろうなと自分では思っていたのだ。

このこととは、7日に亡くなったノリック(阿部典史)のことだ。ボクがはじめて知ったのは翌日の朝刊でのことだった。これは近年稀にみる衝撃だった。同姓同名の他人かと思った(思いたかった)のだが、レーサーの・・とか、ノリック・・とか書かれた日にゃ逃げようもない。彼の死が殊更衝撃的だったのは、公道での交通事故死だったからである。加藤大治郎沼田憲保各選手はサーキットでの事故が原因だった。一般人はそういう報道でサーキットは危険だとか思っているのだろうけどそれは逆だ。装備や設備が完璧なサーキットでは死亡事故が起きることのほうが稀だ。ノリックが加藤大治郎選手の事故のインタビューでサーキットでは死にたくないみたいな発言が脳裏に残っているのだが、サーキットではなかったにしろバイクがかかわっているのがある意味皮肉だと思う。

免許取り立てから老人までが各々の思惑で走る公道は予測不能なデンジャラスゾ-ンだ。特に都市中心部は今や無法地帯に近い。一般常識からかなりかけ離れたことが日々起こっている。ボクの場合は自分を基準に先を予測して走っているのだが、自分の判断を超えた行動をするドライバー(ライダー)が年々増えてきている気がしてならない。明らかにもう止まるだろう赤信号に無理やり突っ込んでくるヤツとかウィンカーなしで急に左右折するヤツ、コンビニの駐車場をショートカットするヤツ・・・等々。そのタイミングは自分の常識では想定外の出来事ばかりだ。

ノリックほどのライダーでさえ事故を回避できない。自分が生きているのはただの偶然だろう。ボク自身先日のカラスに殺されていても不思議なことではないのだよな。

ありえない死だけど、誰にでもありえる死。しかし、もっと怖いのは自分も加害者になりうるということである。

悲しみは世界を駆け巡っている・・・

Norifumi Abe muore in un incidente stradale

Norifumi “Norick” Abe Dies In Stupid Traffic Accident

De’ce`s de Norifumi “Norick” Abe

RIP

NORIFUMI ABE MORTO IN UN INCIDENTE

ありがとう、ノリック。名ライダー逝く

ノリックのご冥福を心よりお祈りいたします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. kohaku より:

    僕もビックリした一人ですけど、自分が加害者にならないように安全運転に心がけたいですね。

    つか、いまだに飲酒運転してるやつって・・・

  2. Masayan より:

    ホントにそう思いますよ。バイクは特に気分が高揚してくる乗り物なので、どれだけ自分を見失わずにいられるかってことですね。

    しかし、車に乗って呑みに行くって・・・ありえんし。 :idea: