ネズミ事件の全容

では皆さん、お集まりください。今回の事件の真相はこうです。

車庫内の車のエンジンルームを這い上がった「彼」は・・・ここでは彼と呼ぶことにします・・・ワイパーのガーニッシュをかじり、その内部に侵入しました。車庫内に食べ物がなかったか、はたまたプライベートルームが欲しかったのかは定かではありません。さらに奥に進むとエアコンディショナーの外気導入部に遭遇します。おそらくこの時、内気循環だったと思われます。なぜなら、内・外気切り替えダンパー部分はかなり彼の排泄物があり、ダンパーも一部かじられているのが発見されたからであります。しかし、ネズミという生き物はなんでもかじってしまう習性なんですな。

かじって侵入そして第二ステージへ最初の棲家。かじった跡が・・・緑の御殿

そこに住みついていたか、別荘のようにたまに訪れていたのかはこれまたわかりませんが、たまたま外気循環になっていた時があったのでしょう。彼はさらに奥に進んでゆきます。そこはまさにベッドルーム。緑のマットレスはたぶんネズミ界でも見ることができないくらいゴージャスな空間だったに違いありません。その広さも桁違い。一気に彼はネズミ界随一のセレブへとブレイクしたことでしょう。

しかし、くつろいでいる間に内気循環に換えられると状況は一変します。そこは緑の牢獄と化したのであります。暇つぶしのお供に持ってきたビニールの切れ端をズタズタにし、暴れまわってもそこから抜け出すことはできません。もしも、緑のマットレスを食いちぎって階下に行こうとするならば、シロッコファンが彼を引き裂いてしまうことでしょう。食料も水もなく、やがて彼の命は尽きていったのだと思います。

その彼の未練たっぷりな死は、臭いという呪いとなって蘇ったのです。その例えないようのない臭いが彼の無念さを物語っています。いくら強力な消臭剤を持ってしても彼の呪いは消えることはありませんでした。

今回も実にやりきれない事件でしたよ・・・。(ふっ)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする