2007年タグ問題

UTWを日本語化しながら自分は採用してなかったMasayanです。(苦笑) というのも、UTWが登場した時点で既に1000以上の投稿があり、完全主義者としては最初の記事からタグをつけられないのはイヤなので採用せずじまいだったのです。しかし、今更思えばあの時点でタグをつけていればWP2.3にアップグレードしても約1000件だけ人海戦術?で編集すれば一から作業するより楽でしたな。orz

postmetaテーブル

それでもBunny’s Technorati Tagsで時折タグ付けしていたのでそこそこインポートできるのですが、毎エントリータグをつけていなかったので非常に中途半端です。しかしなぜタグにそこまで躍起になるのかといえば、カテゴリがなくなり、記事検索に支障が出るからにほかなりません。投稿日と語句検索だけではたぶんお目当ての記事にたどり着けない可能性があります。今でも何かしらのカテゴリに属しているのでタグ変換すれば現状と変わらないとは思うのですが、そこはそれ「完全主義者」。美しいタグクラウドが見たいじゃないですか。 :)

一つのタグにあまりにたくさんの記事がぶら下がるとかえって探しにくいと思います。しかし、タグを乱発すると今度は増えすぎたタグの管理に困ります。しかも、タグを英語にするのか日本語にするのかでまた悩むでしょう。例えば日本語にすると

https://wp.mmrt-jp.net/tag/%E6%9B%B8%E3%81%8D%E6%96%B9

みたいなURIになり、あまり個人的には好きではないのですが・・・。投稿スラッグみたいな設定ができればいいのに・・・。 :arrow-u:
Simple Tagsを使えば、スラッグも指定できます。 8)

とにもかくにもカテゴリ以外に1つはタグを追加したい。Bunny’s Technorati Tagsはpostmetaテーブルにタグを格納しているのでここを編集するのが近道かもしれない。ただpost_idから記事の内容はわからないのでいちいち記事を読みつつタグ付けすることになるが・・・。(汗 もしくは、2.3にしてSimple Tagsの「タグの一括編集」でちまちま変更するか。どちらにしても気が滅入る。 :idea:

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする