GT-Rに見る未来予想図

GT-R

NISSAN GT-Rに見る次世代のメンテナンス

ついに来ましたか、そういう時代が。ニッサンは何かのデータを収集したいのでしょうかねぇ?

国産車中でも比類なき高性能を発揮するGT-R。そのメンテナンスも比類なき?高価格らしい。

MOTORCYCLOG 「日産GT-R」

購入後3年以降はこうなるのでしょうか?(汗
はっきりいってここまでしなければ性能を維持できないような車は公道を走るべきじゃないと思うのだが・・・。今や車の所有者も格差?が酷く、購入してからオイルを替えたこともないユーザーもいたりするのだ。もっともそんなユーザーはGT-Rなぞ買わないだろうけど・・・。

この傾向・・・つまり自分が作って売った車はすべて自分のところでメンテナンスする・・・はもうかなり前から始まっていた。自動車メーカーは自社でリンク品を製造しはじめ、整備情報をあまり外部に漏らさないようにし、パーツをASSY単位にすることで部品価格も高騰させた。あそこの車はイジれねーよ・・みたいな認識を植えつけられればしめたものだ。(メルセデスとか・・)

もう車を売って儲かる時代は過ぎ去った。メンテナンスも請け負うことで生き残ってゆくしかないとメーカーはお考えのようだ。もしすべての車がそのようになった時、どれほどの失業者が発生するのだろか? チューニングショップから町工場まで路頭に迷うに違いない。ちょっと悲観過ぎるかもしれないが否定はできないと思うのだ。 :arrow-u:

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする