Simple Tagsを使ってみて

WordPress2.3よりタグ機能が内蔵され、かねてから憧れだったタグを使うべくSimple Tagsプラグインを導入。既に日本語言語ファイルも同梱され、非常にわかりやすい。

Simple Tagsの特徴だが、「タグ管理・編集」「タグ表示」「関連記事表示」「タグクラウド表示」の4つに分けられると思う。「タグ表示」「関連記事表示」「タグクラウド表示」は設定画面で自動的に挿入するか専用タグをテーマに書き込んで使うかを選択できる。他の細かな設定も可能だ。関連記事については同じタグから記事を引っぱってくるようなので同じタグの記事が2件以上ないと表示されない。

「タグ管理・編集」はタグの置き換え、削除、検索、スラッグ設定、一括編集が出来る。特に一括編集は便利で過去記事にタグ付けする際に有効だった。適当にタグをつけていき、最後に置き換えや削除でタグを編集するのもいいかもしれない。

問題もある。タグは日本語で設定できるのだが、一括編集では次候補で出てくるタグもあるものの、たいていの場合使い物にならない。

便利なおすすめタグなのだが・・

また私の場合、なるべく日本語でタグ付けし、海外の訪問者用にスラッグを編集してなんとかURIでわかってもらおうとない知恵をしぼった。タグ付けした記事が増えると投稿画面におすすめタグが表示されるようになるが、新しく記事を書いておすすめタグから日本語タグを付けて公開すると同じ日本語タグが増えてしまうのだ。例えば「バイク(スラッグはMotorcycle)」というおすすめタグをクリックして記事を公開すると 「バイク(スラッグはバイク)」となり、新規に「バイク」というタグが生成されてしまう。(これは、たぶんプラグインのせいではなく、WP本体に問題がありそうな気がする。←無責任意見 スラッグを編集している場合は違うタグとして認識されてしまうようだ。また、スラッグを変えていても元に(日本語に)戻っているタグもあった。 :sad:

ここで疑問に思い、英語のタグでスラッグを変えて試してみたところ、実に同じ結果だった。タグ名が一緒でもスラッグが変わると違うタグとして認識されるらしい。たぶんどのタグプラグインでも同じことが起こるような気がする。←無責任意見
要注意だな。 :idea:

【追記・参考】
WordPressカスタマイズ講座 「WP2.3対応のタグ付けプラグイン、Simple Tagsの使い方」

※ 管理画面の日本語が時々一部英語になってしまうことがある。なぜだろう?
※ あせって「この」タグを削除してはならない。なぜなら、オリジナルのタグも削除されるから・・・。保有記事が多いとすべて「タグなし」になり、後々編集がめんどうである。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. power source* より:

    WP: タグ関連プラグイン機能比較表

    「WordPress 2.3 用にタグ関係のプラグインが欲しいんだけれど、たくさんありすぎて迷っちゃうわ」
    と、お悩みの全国の奥様に、この表を捧げます。

    配布サイトの文面でのみ分類してお…

  2. Numb. より:

    WordPressタグ管理はじめました

    WordPress を年末に ME から本家日本語版に変更しました。ME 今までありがとう
    何か問題があったら記事にするつもりだったのですが(笑)、全く問題がなかったので楽ちんでした。

    UTW が…

  3. […] て記事を公開すると 「バイク(スラッグはバイク)」となり、新規に「バイク」というタグが生成されてしまう。 『Simple Tagsを使ってみて « MMRT daily lifeより引用』 […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

:x :wink: :twisted: :shock: :sad: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :cheesy: :arrow-u: :arrow-l: :arrow-d: :D :?: :) :!: 8)

プロビロナム