2007年のGT500

今年はARTA NSXの完勝ですた。orz

ARTA NSX

2007年のGT500レギュレーションは、近年速くなり過ぎたGT500マシンの速さを引き下げることを目的として変更されました。レギュレーションのポイントは、ホイールベース内の床下に厚さ30mmのスキッドブロックの装着、リアウイングの小型化(幅400mm→330mm)、カナードウイングの小型化(突出量を120mm以下へ)です。これらの変更によって、ダウンフォースが減少し、スピードを抑えようというわけです。加えて、前レース上位入賞車両には、ウェイトハンデが課せられ、よりイコールコンディションになるようになっています。

んが、んが・・・

なぜか今年のNSXは異常に速かった。ARTAだけじゃなく、TAKATA童夢もRAYBRICも。スキッドブロックもバラストも「そんなの関係ねー!」って感じだったっす。直線はそうでもないところからして相当コーナーで稼いでいたんだろう。SCもZも形無し。やはり直線バカ(失敬)じゃ勝てないってことだ。それにしても最終戦を待たずしてチャンピオンが決まってしまうのはかなりしらける。GT300の方がそういう意味では面白かった。 :evil:

来年は話題の「GT-R」が出てくるんでお楽しみ。ニッサンなんだかなりふりかまわずだな。ここまで注目されるとドライバーもシンドイだろうな。また、2009年には大幅にレギュレーションが変わるらしいのでこのスタイルでのレースは来年が最後だろう。

※ ってゆーか、WTCC(World Touring Car Championship)にレギュレーションをあわせる気はないんだろうか? :idea:

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

:x :wink: :twisted: :shock: :sad: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :cheesy: :arrow-u: :arrow-l: :arrow-d: :D :?: :) :!: 8)