WP有償サポート考察

>CHUO SPECIAL RAPID 「有料サポートは糞だろうか?」,「有料サポートは糞だろうか?(2)

>Pear Blog 「WordPress有償サポート」,「サポートする心理を分析

上記はWordPress有償サポートに関する記事ですが、これを読んで思ったところを書いてみます。最初に断っておきますが、話がズレているかもしれません。そんなヤツもいるんだと受け流していただければと思います。 :wink:

ボクは今年でWordPress歴5年目に突入です。こんなに長く使っているのもishizukaさんがおっしゃるように「感動」のせいだと思います。特に人間に感動しました。リアルな世界では町内の隣人であっても話をしたこともない場合もあるというのに困っていれば、親切に教えてくれたりしてくれてなんとかここまできました。めぐり合わせもいいのでしょうが、ホントに感謝しています。

こうなるとその感動を伝えるというか誰かの役に立ちたいと思うのが人情。○○導入記や××トラブルのような記事を書いたり、果てはプラグインの日本語化までしちゃいました。実のところ自分のためなのですが、少しは役に立つかな?という思いもあります。 :wink:

そういう記事やプラグインを公開しているといろいろと質問されます。答えられるものは返事しますが、いかんせん素人。答えられない(わからない)ことも多いです。最初の頃、日本語化は個人的にタダのお披露目だったので、いろんな指摘を受けると自分で直して使ってくれればいいじゃん・・・とか思ったりしました。よくよく考えると間違ったものが広まるので、修正するのは当然だと気づくのですが、当時は凹んだりしたものです。

そんなこんなでサポートする側、受ける側共にちょっとは気持ちがわかります。もしもの場合(言い方は悪いですが)金を払えば問題を解決できるのはかなり強みです。今よりもっとWPを導入しやすくなるでしょう。有償サポートには基本的に賛成ですが、問題があるとすればそのシステムによるんじゃないでしょうか。あと気になるのは、1対1の話し合いによってサポートされた時、どう解決されたか第3者にはわからなくなる場合です。でも考えれば有償なんだからこういったことは公開しないのが常かなぁ? だってそれで成り立ってるんですから。しかし、元々オープンソースだったものなんだから・・・と釈然としない部分も個人的には残ります。たぶんいろいろな意見があるでしょうけど、大まかに見て1つでも問題を解決する手段が増えるのはいいことだと思います。

# 多重トラックバックが直ってないので、・・・よしとこう。 :sad:

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. yutaka より:

    こんばんわ。

    親切に教えてくれたりしてくれてなんとかここまできました。めぐり合わせもいいのでしょうが、ホントに感謝しています。

    全く同感です :cheesy: wordpressを始めた頃フォーラムでmasayanやひろまさ師匠に親切にアドバイスをしてもらった事を思い出してます。親切な先輩ユーザーがいるとwordpressそのものが、素敵に見えてきたりするんですよね。逆に全く反対の思いをしている人もきっといるでしょうね。masayanのいうように巡り合わせはただの運かもしれませんが、そうだとしたら運に感謝 :wink:

  2. Masayan より:

    逆に全く反対の思いをしている人もきっといるでしょうね

    きっとそういう人もおられるでしょうね。でも、それでWordPressの評価を下げないで欲しいなぁ。 8)