謎のパンクを追え

社用車の軽トラ。便利なこと、この上なし。1社に1台、軽トラ・・・ですよ。いやいや、そうではなくて・・・。この車、あまり動かないんですよ。たま∼にしか。ふと見ると左後輪のエアが少ない。明らかに少ないんですな。そこでタイヤゲージで測定すると・・・

0 ㎏/㎡

ありえんでしょ。 :shock:
1.*㎏/㎡くらいならわかるけど完全0 ㎏/㎡なんす。だが、エアを張っても漏れる音もしない。不思議です。あまり時間もなかったのでそのまま出かけて、しかもその後忘れてました。

今日、気がつくとまたエアがない。あれから2、3週間でしょうか。またもや完全0 ㎏/㎡です。おかしい。原因を追究すべくタイヤを外し、外周を点検します。むぅ、何もなし。サイドウォールにも傷もない。ま、まさかホイールが歪んでいるとか。こんな時は、水の中にドップリ浸けるに限ります。

はぅ!タイヤが浸かるほど大きな容器がない!

当たり前です。ウチはタイヤ屋じゃありません。仕方ないのでホースで水をザーザーかけてみました。 :lol:

コイツの根元がモゲッと・・・

シュブシュブ・・・

泡立ちながら音がします。なんとエアバルブの付け根から・・・。バルブを指で押すと「モゲッ」と折れました。orz どんだけの経年変化ですか。試しに他のホイールのバルブも押すと「モゲッ」「モゲッ」「モゲッ」と全滅してしまいました。よ、よくもってたものです。同時多発パンクちうのも見てみたかった気もしますが・・・。

パンク まめ知識
一般的にはゴムのバルブが使われており、ゴムバルブは長期間(約3年)の使用でタイヤと同じく劣化します。 時速100kmでは、タイヤはなんと1秒間に13回転(195/65R15の場合)もしており1.7kgもの力がバルブにかかっています。ゴムなので劣化してきてバルブが「ヒビ割れ→亀裂が入り→ちぎれる→エア漏れ」となりパンクとなってしまいます。

危ないですねー。皆さんも注意しましょう。 8)

いろいろ探していたら、こんなものもありました。実に知らなんだ。

90度エアバルブバルブインサートツール

前にバイクの交換したことがあるんですが、なかなか入らなくて苦労したんですよねー。工具があるんだ。今度のタイヤ交換時にこの90℃のバルブに替えてみようかしらん。(エアチェックしやすそうや)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. aka より:

    偶然にも金曜日に原チャ(8年目)のタイヤがパンクしました。
    リアタイア3本目 :sad:

    それにつけても全輪同時パンクとは…

  2. Masayan より:

    それにつけても全輪同時パンクとは…

    それはムゴイ。 :cry:
    出先ですか? 大変だったですね。うちは会社で発見したんで助かりました。 :wink:

  3. aka より:

    帰宅途中でした。家まで残り1kmを切った所で発現 :sad:
    いつも修理を頼む,気のいいおっちゃんのやってるバイク屋にお願いしよう…週末…

    ところで,バイク屋さんって水曜日に定休日取ってるところ多いような

  4. Masayan より:

    1km押したんでしょうか、ナーム。 8)

    バイク屋さんって水曜日に定休日取ってるところ多いような

    ですです。
    バイク屋、車屋は火曜定休、水曜定休が多いっすね。