トップセールス

番組改編時期で、何を見ようかと思っているわけですが、期待していたドラマがそうでもなくて、何の気もなく録画したドラマが当たりだったことはありませんか?

トップセールス

まだ企業が男性中心社会だったころ…昭和49年。大企業の女性社員から自動車販売会社に転職し、様々な困難を乗り越えてトップセールスへとかけのぼり、外車のセールスに転じてのちに社長にまでなる女性の一代記です。

1950年代後半、白黒テレビ・洗濯機・冷蔵庫という3種類の家電を三種の神器を経て、1960年代半ばの高度経済成長時代には、カラーテレビ ・クーラー ・自動車 の3種類の耐久消費財が新三種の神器と呼ばれるようになった。ドラマの時代設定はその後の1970年代から始まる。この頃は男性優位の自動車販売産業ですから、女性が、しかも自動車運転免許証もなし!に営業をするのはかなり困難だったろうと容易に推察されます。

クルマを売ることは、乗る人の未来を一緒につくること…!

これがテーマのようなのですが、まったく昔の車の購入はこれほどの価値あったように思います。車を所有するお客にとっても人生になんらかの影響を与えるんじゃないかと思うほどの変化をもたらすモノだったと思いますね。ただの移動手段に成り下がった現在では考えられないことですな。

ドラマの一場面

私なんてリアルタイムですから、出てくる車が懐かしい。このカリーナなんか最近見たことがありませんよ。しかし、この当時で132万円したんですかね。すごい金額じゃないですか。今の車はホントに安くいいものになったとつくづく思いますよ。

# しかし、夏川結衣さんはこういう役がピッタリですねぇ。 :wink:

autoblog » It’s no West Wing: Japanese drama debuts about woman car salesman in ’70s

ヴィンテージの日本人の自動車のファンはあなたのショーを見つけたかもしれません。 それは、「トップ・セールス」と呼ばれる、日本政府によって資金を供給された巨大メディアによって放送されています。

海外でも取り上げられていたり。 :shock:

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

:x :wink: :twisted: :shock: :sad: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :cheesy: :arrow-u: :arrow-l: :arrow-d: :D :?: :) :!: 8)

プロビロナム