2008年初走行

休日だけ早起きできる特異体質を利用して6時30分に家を出る。早朝に出るのは距離を稼ぐための常套手段である。がしかし、今回はブレーキシステムを総入れ替えした後のテスト走行であるので距離はどうでもいいのだが、やはり走りやすいのと気持ちいい点ではお勧めである。

実にどこを走るか一切決めていなかったりする。とりあえず給油して気の向くまま走ってみる。走り出してすぐは効かなかったブレーキもやっとアタリが出てきた。始めは「スポンジーで効きが悪い」印象だが、実は「ストロークが大きく、初期制動が甘い」だけなことに気づく。効き自体は以前と変わりないと思う。キャリパーを替えたからといって劇的に制動力が変化するわけがない。もしそれを望むなら、ローター径を大きくするべきであろう。最初は戸惑うものの、握れば握るほど効いてくるので慣れれば問題ないと思った。既に前のマスターより、効き具合がわかりやすく感じられていた。

今日は県内から出ないと心に決めていたので(もしもの時に帰れるように?)、とりあえずいつものように北を目指す。180号で新見まで行き、休憩。今回は初めてづくしだ。ヘルメットも替えてから初走行。SHOEIのX-Elevenだが、とにかく軽い。そして、風の影響が少ない。今までのAraiのヘルメットと比較して初めてわかることだが、そう感じた。細かいことだが、シールドの脱着もSHOEIの方がやりやすかった。とりあえず、いい買い物をしたようだ。

この日は10台以上のツーリンググループが多くて、休憩後に一緒になることが2回ほどあった。最初はローライダーグループで最悪だった。かなりイジったバイクばかりで、爆音を浴びせられるのである。もうやかましいやかましい。自分と他人との嗜好の違いを思い知ったね。それに集団で走るとペースがあまり上げられない。集団がバラけてしまうからだ。先頭は遅いくらいのペースでなければ、後続は追いつけないのだ。それが厄介で、後ろから来たものはなかなか追い越せなくなる。集団の列は長いし、同じくライダーだし。なもので、分かれ道で彼らの行かない方に逃げなければならなかった。

そんなことをしてて目的地を決められるはずもなく、また絶対的な流れもかなり遅いので妙に眠くなってしまった。近くの津黒高原によって、休憩コーナーのロッキングチェアでお昼寝。30分くらいマジで寝てしまったよ。(汗) 半年振りの走行だったので疲れた。全然距離は出てないのだが、700kmくらい走った感じがした。無理に走ってもいいことはないのでここで帰ることに・・・。 :sad:

【総走行距離】 約320km

街並み保存通り-とある家街並み保存通り-人力車街並み保存通り-ポスト
備中国分寺街並み保存通り-洋服屋さん街並み保存通り-酒屋さん
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

:x :wink: :twisted: :shock: :sad: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :cheesy: :arrow-u: :arrow-l: :arrow-d: :D :?: :) :!: 8)