たぶん両方正しい

仕事で知り合いになった人が数年前に保険屋に転身した。その代わり様に驚いたと同時に果たしてやっていけるのだろうかと要らぬ心配をしたものだが、現在はお客もつき忙しそうである。そういう私も彼が勧める保険に変更したクチなのだが、なにしろ保険のおばちゃんと違い、契約した後もフォローしてくれるし、他社の保険であってもいい悪いをはっきりと言ってくれるので信頼している。

ところが、人はいい面もあれば悪い面もある。たぶん悪気はないのだと思うのだけれど、ちょいと見栄っ張りなのだ。自らをライフプランナー(多分会社の方針なのだろう)と名乗り、人生設計をするとすばらしい生活を送れるという新興宗教のような説法をしてくれる。具体的に言うと平均寿命から逆算するようなライフプランちうんですか?そんなことをおっしゃる。60歳でどこどこへ旅行するとか、そんな目標を立ててお金のマネージメントをした方がいいというわけです。

彼は聞きました、「将来の目標はありますか?」と。私は答えます、「なんにもない。その時にしたいことをするだけだ。」と。すると彼は「そんな無計画ではだめです。後悔しますよ。」と言う。

だってそれは80歳まで生きたら・・・の話じゃないですか。明日交通事故で死ぬやら、1年後に寝たきりになっているやらわからんですよ。なのにそんな気の遠くなるような未来に向かって踏みしめて歩くような生き方はどうかと思うわけですよ。そりゃある程度、貯蓄とかしなきゃなんないのはわかりますが、その時にどんな貨幣価値になっているかわからないし。

とにもかくにも「ステータス」とかに無縁です。私にとっては、ベンツに乗ったり、いい服着たり、フランス料理を食ったり、いい家に住むことはなんの価値もないのですよ。そんな体が動かなくなってから昔思い描いていた夢を叶えるなんて、そりゃ無理。今ですよ。今やりたいことをやっておく。65歳でハーレーを買うより、今乗れ!でしょ。その方が楽しいに決まってる。その時の身の丈に応じた楽しみでいいと思うのよねぇ。

でも、そう主張するのはヤメた。めんどくさいから。自分の価値観なんてそう簡単に変わらない。いいじゃないですか、自分が正しいと思ってるならそれで・・・。 8)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. neck より:

    同感です。 :)
    確かにある程度の将来のための何かは必要なんでしょうけど、やっぱり未来は不透明なもの。
    今しか出来ないこと、年取らなきゃ解らないこと、それぞれあるからお金とか欲しいときに無くちゃダメなんですよね。(無いときはないで運命だし)

    生き残る方法も大事だけれど、自分らしく生きる、も大事∼。

  2. Masayan より:

    先のことを考えるとやたらと不安になったりしませんか? 私はまさにそれで、だから先のことは考えずとりあえず今がよければいいみたいな考えに落ち着いてます。別の見方だとただのアホですが、そのときはそのときでどうにかなるさ的な気楽さが好きです。焦ってもいいことはないし・・・ね。 :)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

:x :wink: :twisted: :shock: :sad: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :cheesy: :arrow-u: :arrow-l: :arrow-d: :D :?: :) :!: 8)

プロビロナム