Php-Statsの小技

文字化けをなんとかする

確か以前の0.1.9.1は日本語版もEUC-JPで運用するのがデフォルトだったと思います。このサイトは、UTF-8で運用してますから、おまじないをかけます。

検索結果

Php-Statsのフォルダ全体で「iso-8859-1」をキーワードに検索をかけるとワラワラと41件検出されますので、それを「UTF-8」に置換します。

最後に /templates/template.phpとtracking.phpの・・・

<META NAME=’ROBOTS’ CONTENT=’NONE’>

の部分を以下のように変更。

<meta http-equiv=”Content-Type” content=”text/html; charset=UTF-8″ />

これでほぼ文字化けしなくなりました。

ip-zone を使う

国と地域の項目がいつまで経っても「不明」と「.lan」のみなので調べてみました。

IPアドレスはどんどん新しく追加されています。古いデータだと照合できず、不明となるようですね。Php-Statsでは高度な設定の項目に「ip_zone」があって、0:デフォルト、1:データベース、2:データファイルと選択できるようになっています。1と2は自分でインストールする必要があります。

A. データベースを使う

1. まず、http://ip-to-country.webhosting.info/サイトから ip-to-country.csv.zip をダウンロードします。
2. 解凍後、Php-Statsインストールディレクトリに ip-to-country.csv をアップロードします。
3. create_ip-to-country_database.php にアクセスします。
4. Creazione database in corso…Fine. と表示されたら完了です。
5. config.php 内の ip_zoneの項目を「1」に編集します。

データベーステーブルに「php_stats_ip_zone」が追加されました。xreaだとタイムアウトしてエラーを吐きますが、生成はされるようです。

B. データファイルを使う

何らかの理由でデータベースが使えない時は、データファイルから参照できるようにもできます。

1. まず、http://ip-to-country.webhosting.info/サイトから ip-to-country.csv.zip をダウンロードします。
2. 解凍後、Php-Statsインストールディレクトリに ip-to-country.csv をアップロードします。
3. create_ip-to-country_files.php にアクセスします。
4. ip-to-country.idxとip-to-country.dbが生成されます。
5. config.php 内の ip_zoneの項目を「2」に編集します。

私は勘違いをしていたのですが、この作業をすれば「不明」が正しい国に振り分けられると思ってました。正解は、振り分けられません。 :cry: たぶん、アクセスを解析する時点で不明ならそう烙印が押されてしまうようです。だから、この作業はPhp-Stats導入時に行った方がより正確なデータを得られるでしょう。

でも、それ以外はなかなか今のところ、いい感じです。 :D

追 記
国と地域
国と地域のページで、世界地図のオセアニア地域のカウントが表示されていません。
該当箇所は inc/country.inc.phpのようです。

"<td colspan=\"2\" align=\"center\"><span class=\"tabletextA\"><b>$OZname $OZwhat<br>($OZpercent%)</b></span></td>\n".

$OZwhat→$OZsumwhat にすると直ります。 :mrgreen:

メニュー
日本語化していてデフォルトテーマを使用している場合ですが、左カラムのメニューで「テーブルの最適化」と「ダウンロード管理」の間が抜け落ちています。どうも、置き換える語句がない模様。

lang/jpのmain.lang.inc内の・・・

'optimize_tables'=>'テーブルの最適化',
'update_def'=>'定義ファイル',
'downadmin'=>'ダウンロード管理',

update_defを追加すると幸せになれます。ただし、定義ファイルは更新できませんけどね。(php-stats.comが対応していないため)

定義ファイル更新

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. penguin より:

    私もPhp-Statsユーザーで文字化けに悩んでいました。
    とても参考になりました!
    Php-Statsのフォルダ全体で「iso-8859-1」を検索・置換されているソフトは何というソフトですか?
    とても便利そうですね・・・
    よろしければお教えいただければと思います。
    よろしくおねがいします。

    • Masayan より:

      はじめまして、penguinさん。

      お役に立ててなによりです。これでもまだ時々バケることがあるのが謎なんですが・・・。

      Php-Statsのフォルダ全体で「iso-8859-1」を検索・置換されているソフトは何というソフトですか?

      Devasというフリーソフトです。ただ、Windows用みたいですが・・・。 :wink: 便利ですよ∼。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

:x :wink: :twisted: :shock: :sad: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :cheesy: :arrow-u: :arrow-l: :arrow-d: :D :?: :) :!: 8)