出来ないとは、言わない

プロフェッショナル ≫ ハンマー一筋、新幹線を作る

ある意味、職人フェチ。職人って、無口だし、ぶっきらぼうだしで、かなりとっつきにくい人種なんだけど、打ち解けると結構おしゃべりな人だったりしませんか。私の知っている職人はそんな人が多かったですな。絶対コツなんか教えてくれないし、実際にやっててもアドバイスもくれない。これを意地悪だとか思うといけない。失敗することがなによりの学習だと考えているんですよ、きっと。

「出来ないとは、言わない」は実に耳が痛い。ホントに苦しい時期がないとこの言葉は言えない気がする。これを逃すと次がないという切実さを知らないとたぶんこう言えない。もちろん、自分の技術に自信があるのは勿論なんだろうけど・・・。

しかし、山口県人。いいね、方言が。しみるね。同じ中国地方に住む人間としては標準語よりわかりやすいわ。「辛抱」って言ったところは、標準語のアナウンサーには「忍耐」って言った方がわかりやすいんだろうね。でも、「辛抱」と「忍耐」は意味は近くても、ニュアンスは結構違うように思うけどね・・・。 :o

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. yutaka より:

    みてましたよ、この番組。新幹線の顔をハンマー一つで叩き出すってやつね。職人って凄いねぇ。でもあの人も結構な年だったから問題は跡継ぎだよね。あの若いあんちゃん続きますかねぇ :arrow-u:

  2. Masayan より:

    yutakaさんも見てましたか。 :)

    あの若いあんちゃん続きますかねぇ

    大きなお世話だろうけど、そこが心配ですな。次の日、速攻で休んでいたもんね。(苦笑) 筋がいいだけにキビしいよね。褒め殺しか、厳しく攻めるか。悩みどころでしょうな。 :arrow-l: