不可逆的改造

・・とは、元の状態には戻せない改造のことを指します。

私もちょろっとゴソゴソするタイプではありますが、もっぱら可逆的改造オンリーですな。それはつまり、改造によって得られる効果があまり期待できない場合は元に戻すことを意味しています。保険をかけているようなもので、元に戻せる範囲でしか改造できないのであまり大幅な効果が見込めないちうことです。

ところが、世の中にはものすごいことをやってのける人たちがいます。もう男の子なら一度はやってみたいような大胆な改造です。「漢」です。よほど改造慣れしているか、よほどその道のエキスパートなのか、よほどのバカか・・・。

【第3回】史上初!? 思い付きで生まれた「セミ魚眼付きコンパクトデジカメ」

第二のAFT(オートフリートップ)通用口

前者は改造後どれほどの効果が得られるかわからないのに大胆改造。後者は改造後の利便性はあきらかだが、手段が尋常じゃない改造。どちらも自分に置き換えるととても踏み切れないものばかりです。TRXのフレームが剛性不足だからパイプを切って溶接できるかといえば、NOですよ。ん∼、その加工に自信がない、あるいはその改造によって効果が出る保証がない、あるいは加工後の姿への不安…とてつもなく不安だらけだからでしょう。また、オレが我慢さえすれば・・・的な思いも足を引っ張ります。しかし、それを敢えて実行し、公にする。これぞ男の中の男。 :o

真似できんなー。 :idea:

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする