ウッドステアリング救出作戦

ウッドステアリング レストア第2弾。 :)

前回の参考サイトには「水研ぎ」でと書いてあったが、相手が木なのでやはり「空研ぎ」がよろしかろうと・・・。600番ではラチがあかないので、400番でガシガシいく。純正クリアがかなり厚いのでたぶんすべては剥がせない予感。しかし、よく握る部分は完全に「地」が出てしまっているので、このままクリアをするとかなりかっこ悪そうだ。

あり合わせ塗料色が合っててちょいと安心

しかし、このためにいちいち塗料を購入したくないので、ウチのカントリー雑貨製作倉庫(笑)を探す。おっ、あったあった。チークだが色目は合うだろうか? 少々明るかろうが暗かろうが、「地」よりはマシになるだろうということで、レッツペイント!

まずさらっと塗ってみる。(当然刷毛塗りだが) やったねパパ!なかなかいい感じだよん。つやつやしてていい感じだが、乾いてくると「地」の部分は吸ってしまうようだ。そこで、乾かして重ね塗りすること5回。木目も厚塗りで塞いでしまうほどに塗り重ねた。たぶん、乾いても木材用ってちょっとねちょっとするから、その上からクリア塗装が必要だろうなとか考えつつ、次回へ続く。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする