2008 SUPER GT 第5戦と第6戦

今週末からはもう第7戦 茂木ラウンドでした。第5戦 SUGO、第6戦 鈴鹿とも見たんですが、書いてませんでしたねぇ・・・。書かないというか書けないというか・・。

第6戦 鈴鹿はカルソニック IMPUL GT-Rが勝利しましたが、第5戦はGT-Rは話題にも上らず・・・。鈴鹿で息を吹き返したのも特別性能調整が軽くなった(80kg→60kg)おかげのような感じだし。おらぁGT-Rのぶっちぎり劇が見たいんであって、ふうふう言いつつアップアップの状態は面白くないのであります。あの性能調整ハンデはゼッタイにおかしい。イコールコンディションの意味をはき違えているとしか思えないんだな。まぁ、数戦を残してチャンピオン決定なんかすると観客が減るとか、変な心配も増えるのもわからんではないけどな・・。

GT300は相変わらず面白い。インプレッサがガンガン行くかと思ったけどそうでもない。やはりARTAガライヤと紫電は強いね。でも鈴鹿では両方ともコケたので一層僅差で面白くなったと思う。

今気になるドライバーは、ブノワ・トレルイエ(#23 XANAVI )と高橋 一穂(#2 紫電)。ブノワは去年との落差が激しすぎる。なんで今年は絶不調なのか? 高橋さんはなんでよく接触するのか?横見えてる?遠視で見えない?(55歳最年長ドライバー)←がんばって欲しいんですよ。愛のムチですよ。

SUGO GT 300km RACE 決勝

第37回インターナショナル ポッカ1000km 決勝

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする