クラッチに関する考察

いやそんな大袈裟なものではないのですが・・・。 :oops:

TRX850はCBR250RRよりはクラッチが重い。パワーもトルクも大きいので、重いのもしょうがない。んが、巡航500kmが(手が)限界とはいかんせん情けない。そこで、いろいろと調べてその対策を考えてみた。

  1. とにかくメンテナンス
    レバーやケーブルにマメに掃除し、注油する
  2. いやいやパワーレバー
    レバー比を変えて少ない入力で大きな出力
  3. 似たような方法
    プッシュレバーを改造し、レバー比を変えるとか・・
  4. 握力増強
    人間がなっとらーーん!と肉体を鍛える
  5. 違う角度から攻める
    クラッチレバーをベアリング化する
  6. いっそ油圧化
    汎用油圧クラッチキットを組むとか・・・

あとは根性論くらいでしょうか・・・。 :lol:

1. は当然っす。2や3は、不人気車種にはアフターパーツが少ないのでほぼ却下。特に3は変な形状なので難しかろう。4は現在実施中。5は部品発注ちう。6は貧乏人だからダメ。というより、タッチはワイヤーより落ちるって聞いただよ。

そんなこんなで、ベアリングぶち込むぜよ。おそらく重さ自体は変化がないと思われるが、リリース時のタッチは格段に向上すると考えられる。今は、カツカツと戻っていく感じで、渋滞時にキツイんだわ。たぶん効果あると思う。なくても、そんな出費はかからないし、ネタになるし・・・。(そこかい!)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. クラッチレバー改造大作戦

    「クラッチに関する考察」を実行してみました。要するにクラッチレバーの支点にベアリングを埋め込み、作動をなめらかにするだけのことなんですが、意外と難しかったです。

    まず、…