F1の将来はどうなるのか?

なんとまぁ、タイヤに続いてエンジンもってか?

Slashdot » 単一エンジンでのF1レース案にチームもドライバーも反対声明

ところが歴史をひもとくと、誰でもF1レースに出たい人には入手でき、高い戦闘力を持った名作エンジンというのがその昔、存在したことがあります。1968年から1974年までの間、ドライバーおよびコンストラクターのタイトルを取ったマシンには必ず積まれていたフォード・コスワース・DFVエンジンというのがそれです。

ありましたなぁ、コスワースDFV。 :o
フェラーリの水平対向12気筒 vs DFV・・みたいな構図でしたな。(マトラV12なんつーお荷物もありましたが・・・)

でもあれはレギュレーションではなく、それしかなかっただけで、それだけではフェラーリパワーに勝てなかった。そこで、車体に色々な工夫をしてそれに対抗しようとした。ティレルの6輪とか、グランドエフェクトとかで。それにシャーシも市販ベースでなんとかプラべートの運営で参戦できた時代だった。タイヤなんかもグッドイヤー1社でほかの参入はなかったし、まだまだ発展途上だったんですな。

現在の状態であの頃に戻れ!と言っても無理だし、きっとあの頃ほどおもしろくはならないだろう。規制をかけるほどにコストはかさみ、どんどん自分の首を絞めていくような気がするんだがなぁ。 :sad:

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする