ETCメモ

ETCの登録について、牽引の場合はどうなるのか?と聞かれた。ググれカス!・・・いやいや、自分もはっきり認識していなかったので調べて見た。

牽引の場合

けん引の有無平成16年7月以降、規制緩和により、どういう被牽引車両(トレーラ)を牽引できるかを、牽引する車両に登録できるようになりました。要するに、引く車の車検証に引けるトレーラの範囲を登録することになり、その範囲のトレーラなら何でも引けるようになったわけです。しかし、登録時には当然ながら車検証にその旨の記載と現車の確認がお約束です。(ネット販売とかされているくらいなのでこのあたりはたぶん現実にはユルユルかも・・・)

出口のETCレーンでは、通過車輌の総軸数を判別していて、牽引しているかしていないかは自動判別なので(牽引してない場合も)安心して通過できるようです。しかし、被牽引車両の車軸間距離が1m未満で全長が12mを超えない2軸トレーラーは1軸扱いになるそうなので、ETCレーンを通らずに一般レーンの窓口でETCカードを提示してその旨を伝えて精算しないと2ランク上の料金区分になってしまうらしいです。

と解釈しました。たぶんいいはず。 :oops:

首都高速道路 » ETCについて

ETC車で牽引をする場合はどうしたらいいの? [PDF]

アルミボートトレーラー牽引時のETC料金について…

連結検討(牽引車両に牽引可能範囲を登録する方法)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする