TRXのフロントフォーク

先日のリハツーはフロントフォークのダメダメぶりを思い出す走行でもありました。しっかり、思い出しましたよ。ぼよんぼよんの、ぴょこんぴょこん。あまりの減衰のなさに怖くて、初期バネ荷重をかけなければ乗れないのですが、それが仇になって動きが渋く、動くと勢いよく戻ってくるという悪循環のデフレスパイラル。 :x

かといって、オイルが入っていないわけでもなく。TRXのウィークポイントはすばりサスペンションですな。すこぶる評判が悪いです。OHではほとんど変わらず、市販のフロントフォークスプリングを交換しても堅くなるだけで乗りにくくなるという声が多いようです。そこで、YZF750とかR1とかの倒立サスにコンバートする荒技に打ってでる猛者もいたり・・・。

元に戻せるようにチマチマ弄るのは「改造」とは言わない・・・と最近どこかで見たのですが、確かにその意見もわかります。が、湯水のように改造費がない貧乏人は危ない橋は渡れんとです。それに公道を走るなら純正セッティングは最強だと信じていますし。すると最後の選択肢は純正フォークのチューニングしかないわけでよ。実際2年前にリアサスをチューニングしていただいたのですが、実によくなりました。

前書きが長くなりましたが、既にこんな状態です。

あとは送るだけ

もう今すぐ発送OK! イケイケです。先に問い合わせしていた見積メールが帰ってきました。

内 容金 額
フロントオーバーホール9,000×2= 18,000
インナーチューブ研磨10,000×2= 20,000
ダンパーシリンダー加工研磨18,000×2= 36,000
オイルシール、ダストシール、メタル3,000×2= 6,000
合 計(税別、送料別途)80,000

わぁおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!

ねーさん、想定外です。ネットブックが余裕で買えてしまいます。←比較対象がおかしい人
当然見積もりですから、これ以上になる可能性もなきにしもあらず。 :sad:

サスペンションチューニングってノウハウがなければできませんからねぇ。素人が手を出せる範疇を超えてます。でも、OHでがっくりくるのは嫌なんですよね。ボクは結構余裕を見て算段する人なんですが、今回は完全に見誤ってますなぁ。 :cry:

ちょっといろいろ当たってみるとしましょう。(バラバラ状態はいつまで続く?)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする