WTCC in OK

先日の岡山国際サーキットでのWTCC Rd.21 & 22のの放送の録画を見た。

まず印象から
迫力的にはあまりないし、スピード感もあまりなかった。(ウェットだったせいもあろう) 国内レースのGT300よりもパワーがないしね。GT500がF1だとするとWTCCのマシンはF3って感じだ。国内のGT選手権の考えと真逆だと思った。パワーも距離もね。バラストシステムとか、「連勝許すまじ」みたいなところは似かよっているんだけど、総じて真反対なスタンスだよね。

じゃあ、面白くないのか?
とんでもなく面白い。(笑) キミはOKのコースいっぱいに並んで1コーナーへ突っ込んでくる図を見たことがあるか? いつも抜きどころが少ないサーキット云々と解説されていたのに、もうシュラバラバンバです。 :lol: どこででも抜いてくる(ぶつけてくる?)ところがスゴイ。元F1ドライバーも多いので、ジェントルなレースかと思ったら、軽く期待を裏切られますよ。前に行く執念ってのかなぁ、すごいね。カピロッシアタックを思い出してしまったよ。

何が一番違うのだろう?
たぶん接触の考え方。スタート直後からゴールまでぶつかってない車はないくらい激しく当たりあう。当然わざとではないし、アグレッシブにいった結果だと思う。日本のようにいちいち違反にしていたら、どうしても消極的なレースになってしまうだろう。それを大人のレースと呼ぶならそうなのかもしれない。しかし、そんな環境から世界は目指せないだろう。日本のレースは40代のレースだ。怪我をしたら明日から生活に困るので無難に行こう的レース。方や、WTCCはやんちゃな小学生の喧嘩的レース。時折大怪我するけど、とりあえず自分は主張しとかなきゃ・・・みたいな感じ。

WTCCがF1やWRCより面白いかもしれない。F1は今までも言ってるように見てないし、WRCはちょっとローブが強すぎるのとチームオーダーや出走順による順位操作があるので面白くないところがある。あとはどれだけ知名度を上げられるかとどれだけのメーカーを取り込めるかやね。 :wink:

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする