VirtualBoxとVMwareと認証と…

世の中にはコレじゃないと絶対ダメな時(物)が確実に存在します。卵焼きに対する醤油のように、バイクと言えばYAMAHAのように、そして人生の伴侶としてのあなたのように・・・。(個人的偏見含む) OSにもそれが当てはまるとですよ。いくらLinuxがスゴイとはいえ、Windowsでないと動かないアプリケーションは確実に存在します。無視できればいいのですが、これがそうもいかなくて・・・。方法はいくつかあります。パソコンを複数台所有するとか、デュアルブートにするとか、仮想PC環境を構築するとか。 :lol: ボクの場合、ちょっとだけ使えればいいはずなので、仮想PC環境にWindowsをインストールすることにしました。

まず調べてみると、VirtualBoxVMwareというものが見つかります。もっと調べるとVirtualBoxはお手軽、VMwareはめんどくさそうということが判明します。もちろん、ド素人は簡単なVirtualBoxを選択しますな。

VirtualBoxでXPをインストール中

ホントに簡単でした。が、インストールは普通にする1.5倍くらい時間がかかるように思います。環境を整えようといろいろなアプリケーションをインストールしていくと問題がみえてきました。

とりあえず、遅い!

ん∼、遅いと言おうか重いと言おうか。ボクの環境ではどうにも使えないヤツでした。orz

VMwareでXPをインストール中

では、WPer絶賛のVMware Playerを入れてみましょう。ちりめん問屋・・・師匠のサイトを参考にしてみます。インストール自体はウィザードに従って楽勝にインストールできます。さて、Windowsのインストールをするのになにやらファイルを設定する必要があるようです。でも、ほとんど、師匠のサイトのvmxファイルの雛形でOKです。こちらはスムーズにXPをインストールすることができました。仮想空間なので、ドライバーはすべて「不明」になりますな。

Windowsもこのだまくらかされた(苦笑)環境でもちゃんと「ライセンス認証」を主張しやがります。画面に従って認証してもらうと・・・・

ライセンス認証画面

どえー、制限回数オーバー?

何回再インストールしたっけ? まだ2年経ってないけどもう5回くらいしたかなぁ?

「電話」をクリックすると暗記など出来ないような数字列が現れます。コレを控えて、翌日電話しますた。自動応答の一方的なしゃべりでおねーさんは話を進めていきます。そして、その途方もない数字列をいちいち電話で入力していくんですね。(途中違うとか言われつつ・・) それで検索・確認されると使用条件を確認され、新しい途方もなく長い数字列をまた控えるわけです。(疲れる) 絶対画面を見ながら電話した方がいいです。orz

再度、ライセンス認証するとあっさり認証されました。ナンダッタンダ、あの数字列は・・・。 :!:

ホントに違和感ありありですな

さて、今度はVMware Toolsのインストールですよ。 :sad:

【参考】
教えて!Watch » 自作PCでのリカバリディスクの使用。

# ボクのはショップ製なのでDSP版のようだ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

:x :wink: :twisted: :shock: :sad: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :cheesy: :arrow-u: :arrow-l: :arrow-d: :D :?: :) :!: 8)

プロビロナム