師走からクリスマス、正月へ

寒いけど雪は降りそうにないクリスマスイブですな、今日は。我が家ではもうケーキを食べるでなく、鳥を喰らうでなく、ただ普段の1日と同じ24日であります。

さて、12月は師走といい、その由来は坊主(師・師には、僧侶の意味もある)が走り回るほど忙しくなるからと、言われています。だからか、「 師走 = せわしい 」感じが拭えません。まぁ、それはそれで12月らしく、新年が近いサインのようではありますが・・・。

さすがは師走。師だけではなく、門松も走り回っているようです。 :mrgreen:

立派な門松ですなぁ

# そうか、門松は花屋の扱いなのか…としみじみ思った。(縁がないもんで・・)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする