2009 SUPER GT 第2戦 SUZUKA

大幅改修された鈴鹿サーキットのこけら落しのレースとなったSUPER GT。キレイになった鈴鹿サーキットを見て思ったのは、なんかセパンっぽくね?ってこと。予選はノリにのっているZENTセルモの立川選手を押さえたNISMOの本山選手がポール。GT-Rとレクサスが好調、NSX不利みたいな図式になってる。また、GT300はHANKOOK PORSCHEの長老影山選手がぶっちぎりのポール。驚いたね、HANKOOKタイヤがここまできたとは・・。 :shock:

レースは前半眠くなったね。本山選手完璧なんだもん。2∼5位争いに目がいったけどなんかね眠くなりかけた。GT300はそれ以上にHANKOOKがぶっちぎりで・・・。でも、ピットスタートの紫電が追い上げてきて観客を沸かせていた。紫電といえば、加藤・高橋ペアだが、高橋選手が仕事が忙しくて乗れないとかなんとか・・。本業ドライバーじゃねーのか、あのおっさん。(苦笑)

そして、終盤に異変が・・・。
NISOMO GT-Rのトレルイエが急にスローダウン。リアタイヤが完全に終わってたのねん。寿一と立川選手に抜かれ、カルソニックGT-Rにも抜かれ・・・。そして、シケイン前でHASEMI GT-Rが大クラッシュし、ARTA NSXが巻き込まれてコースを塞ぎ、ペースカー導入に・・・。その後、再開されることなく、レースは終わった。

この結果、NISMOは助かったな(終了時4位だった)・・と思いきや、130R手前で立川選手と接触したペナルティを受け、11位に後退。

このレース、立川選手は鬼神だった。抜き方が半端ねー。アウトから被せて抜くって、どうよ。シケインに並んで進入って、どうよ。すげーな、まったく。 :shock:

GT300は雨宮RX-7。レース通してタイヤ無交換。ありえねー。これまたびっくりだよ。NISOMOはタイヤがなくなってダメになったのに、RX-7はタイヤ替えてもないって・・・。そんな作戦初めて見たわ。

そんな感想の第2戦でしたよ。 :wink:

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. チャリダー より:

    ??????
    スーパーGT第2戦??
    昨日、富士で第3戦やってたような。。。。
    あれ?

    • Masayan より:

      みなまで言うな。中継放送は本戦から1週間後。そして、それを見るのは気分次第。しかし、第三戦(5/4)が迫ったため、やっと見たというのが真相だったり・・・。 :oops: