がんばりすぎとよくない例

昨日のことです。朝の散歩から違和感はあったものの、なんとか昼までは持ちこたえました。この感じは「ヤバい」と直感したものの、一方では女々しいというか情けない気もして限界を探ってみることに。(怖いもの見たさともいう)さすが昭和の人。根性で病気を直すのですね、わかります。

で、片道20キロのお客のところへ出掛けたのですが、3キロ走ったらもう後悔しました。おまけにバイパスは緊急工事中で大渋滞。容態は悪化していくのにまるで進まず。帰りたくても帰れない。つらかったぁ〜! なんとか行き帰りに1回ずつ休んで任務完了しました。

速攻寝たのですが、1日では復帰出来ず。ちょっとがんばっても1日棒に振ってしまうという最悪の例でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする