ツーリングを快適に・・・<理由付け編>

どこを目指しているかと言えば、やはり「気持ちいい走り」だろうか。走ることに集中していられる環境作り。ブレーキも然り、サスペンションも然り。そして、優先順位はそれほど高くないが、前から気になっているところに今回メスを入れる。 :wink:

ここ2週ほど連続で散歩した時には、ウェストバッグのみでお気楽に出かけたわけだが、やはり腕の中にタンクバッグがないとこうまで自由度が高いか!と感心した。荷物は少ないに越したことはないが、距離が長く期間が長くなるにつれ、積載量は増えていくもんだ。そして、TRX850はスーパースポーツまでもいかないがネイキッドよりは前斜がキツイ。そこに持ってきて、タンクバッグは結構気にしないようにしても存在感があるんだな。それに加えて、その下にはフィラーキャップがあるので給油時には脱着する必要がある。(磁石だから簡単だけども・・・) そして、歩くときには持って行かなければならないが、磁石が入った「ハネ」がべろんべろんして面倒だ。(最近のものは固定できるようになっているらしいが・・・orz) ショルダーバッグ的使い方はできるが、プロテクションが入ったジャケットの肩では感覚が乏しく、すぐにズレ落ちてしまう。なにより、その強力な磁石が電子機器に与える影響も心配だったり・・・。

そこで、リアにバッグを配置したらいいと思ったわけよ。でもでも、リアシートは面積が小さくグラブバーもないのでバッグを固定させにくい。この手のバイクにとってリアは人も物も載せるように出来てはいないのが現状である。 :cry:

しかし、先人は偉かった。こんな物を作ってリアにバッグを固定させてあるのであった。たぶん、kurokiさんはバッグを生かすためにこのキャリアを考案したと思うけど、ボクはこのキャリアにあうバッグを探すのだ。もちろん、タンクバッグを代用する案もあるのだけど、元々Dリングに引っかけて止めるだけのものしか付属してなかったのでそれは目の届かないリアでは怖いじゃないの。だから、シートを中古にしてバッグ代をなんとか浮かせようと思ったわけさ。 :lol:

リアバック&デイバックいつも買い忘れてたので・・どんな色やねんw

いろいろ探したけど、コストパフォーマンスとその変化ぶりでラフ&ロードのシートバッグ&デイバック。リアには4カ所でカッチリ固定できるし、フラフラ歩くときにデイバックにして両手があくのもうれしい。

そして、オークションウォッチャーと化していたのだが・・・。 :!:

Error: Suspended
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする