ツーリングを快適に・・・<製作編>

やっと入手したリアシート。表皮は剥がさないでなんとかならないものか(メンドクサイから)と思ったものの、ダメそうなので一辺のみ残し表皮を剥ぐ。ウレタン薄! これじゃ、後ろの人は尻が痛いだろうなぁ∼。(笑

黒塗装後構想ねりねり

そして、リアバッグ(この時はまだ購入してない)の底面にあわせて12mmコンパネをカット。安全と格好のため角という角を丸めておく。底になる部分は黒色塗装を施す。12mmの意味は、「そこにあった」から・・・。これまた端材で下駄を作り底板を浮かせる。これでシート座面と底板に5mmくらいスキマが出来るような気がする。ボクは、kuroki号のようにベルトを脱着する予定はなく、固定したままにする構想なのだ。

ウレタンにカッターを入れ、下駄部分を切り欠く。表皮には切り込みを入れる。位置決め後、表皮をタッカーで留める。そして、表皮を張る前に下駄とドッキングさせておく。

プロ用タッカーが欲しい・・そこそこ・・・・でもないか・・

素材屋さんから購入した革風生地で底板を包み込む。生地は黒が欲しかったのだが、紺しかなかったのが悔やまれるところ。まぁいつもバッグの下なのであまり目立つことは無かろうと思う。四隅のR部分が皺にならないよう気をつけながら、これまたタッカーで固定する。

そして、リート本体に固定して完成。バッグ固定用ベルトをセッティングして・・・

これだけだとマヌケ完成図

やったー!

バッグは「マットブラック」を選んだのだが、バックスキン風でかっこいいのよ。さすがにライダーの声を元に作られたバッグらしく、機能性がよいようですな。走りに行くのが楽しみになりましたわ。 :)

# ちなみにオークションで入手したリアシートの方が程度が良かったため、初めからついていたシートを加工したのであった・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする