2009 SUPER GT 第5戦 SUGO

ちょうどこの第5戦で、シーズン中盤。このSUGOは、JGTCが始まった1994年以来日産車の優勝が1勝もないサーキット。ボクが見た中でも惜しいことさえなかったような・・・。今回も朝のフリー走行で黄旗区間追い越しをして、MOTUL GTRは予選グリッド2つ降格(4番手→6番手)させられてしまい、運のなさを感じてしまう。なんせコース幅が激狭なので、予選順位は重要なのだ。

レース序盤、MOTUL GTRはすぐに元のポジションの4番手に返り咲く。GT500勢はすぐにGT300に追いつき、バックマーカーが入れ乱れる大渋滞に陥いる。20周すぎにはコース西側から雨が降り出すが、ドライバー1人の義務周回数であるレース距離の3分の1、27周をクリアしてからピットインしないと無駄になるのでみんな耐えてる。あまり降らないと踏んで浅溝チョイスしたり、引っぱってピットインし、これはもっと降ると踏んで深溝をチョイスしたり、様々だ。しかし、無情にも残り20周以上残して雨は止む。

早いうちにスリックに替えるチームもあれば、状況を見るためにレインのまま引っぱるチームもある。前者は下位のチームが多く(つまりギャンブル)、後者は上位チームに多い。だいたい、レースであるのだから「攻め」なわけで、後手に回ると「守り」なわけですよ。当然、タイヤ交換となる今の順位から落ちるのはやむを得ないわけですが、そこがレースの難しいところですよねー。ENEOS SC430のチーム・ルマンは数年ぶりの優勝を意識しすぎて「守り」に回ってしまったのかもしれませんよねー。とにかく、最後はタイヤがズルズルで、見てるのも気の毒なくらい抜かれてました。

結果は公式HPで

GT300も同様な展開で、ダイシン アドバン Ferrariがぶっちぎりから転落、魔法のレインタイヤを履いたHANKOOK PORSCHEが優勝。レインタイヤは濡れていない状態で走るとボロボロになるものですが、HANKOOKは持ったですねー。ミラクルです。タイサン ポルシェとのストレート勝負はすごかったです。

そして、うまいことタイヤ交換した紫電が2位。ちょっと気がついたのですが、このチーム、スポンサーがころころ変わってます。プリヴェ アップル 紫電 → I.M JIHAN CO.LTD・APPLE・Shiden → アップル・K-one・紫電・・・5戦にして3回も変わってます。こんなところにも不況を感じさせてくれますな。

今年のレギュレーションでは、ウェイトハンデは増える一方(ポイント×2)なので、後半は下位チームが来るかもしれません。面白くなりそうですな。 :wink:

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

:x :wink: :twisted: :shock: :sad: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :cheesy: :arrow-u: :arrow-l: :arrow-d: :D :?: :) :!: 8)