世界最速のインディアン

YouTube – 世界最速のインディアン 予告編

1960年代、ニュージーランドに住む年金暮らしのじいさまの話だ。トイレも風呂もないガレージで愛車と共に寝食を共にしている。自分でピストンを鋳造するほどのじいさまだから、とことんスピードアップに人生を捧げているに違いない。しかし、狭い島ではその性能を発揮できない。そうだ、ボンネビルに行こう! という半ロードムービー。

別にバイク好きじゃなくても楽しめる。年老いたオトコが今までしてきた成果を確認するというか、夢を実現させる実話に基づくお話である。ちょっと勇気をもらえました。ラストなんか危うく泣きそうになりましたよ。そこまでの過程を見ているとホントに走るのか?と懐疑的になるので余計なんだと思います。

今まで積み重ねてきたものがどれほどのものなのか? 試したい気持ち、よくわかります。が、まぁ大半の人は結果を怖れて踏み切れないのもよくわかります。しかし、そこを敢えて踏み込んで違う世界に行くと結果だけじゃなく、新しい人間関係も得られていいかもしんないと思わされましたねー。もし通用しなくてもそれは自分の力不足ってことだけだしね。

いや、久々にいい映画を見ました。 :)

# A・ホプキンス、渋い!

世界最速のインディアン スタンダード・エディション [DVD]

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. yutaka より:

    おはよう〜
    最近ちっとも見たいと思うような映画がなかったんだけど、「世界最速のインディアン」これは面白そうですねぇ。
    「顔にしわはあっても、心は18歳だ」いいねぇ 幾つになってもそうありたいねぇ

    • Masayan より:

      まいど。

      ボクはハマりましたね。元気をもらいましたYO!
      最終的には気の持ちようなんだと思いましたね。 :lol:

      チャンスがあれば見てみてください。 :wink:

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

:x :wink: :twisted: :shock: :sad: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :cheesy: :arrow-u: :arrow-l: :arrow-d: :D :?: :) :!: 8)

プロビロナム