人生初体験

もうこの歳にもなると初めてすることなんてそうそう残っているものではありません。そう、人間本能的に手を出してはいけないものを鋭く察知するものです。しかし、そこを敢えてやってみる・・・その後の人生が変わる瞬間かもしれませんよ。 :wink:

・・・と仰々しく始まりましたが、そんなたいしたことでもありません。自作小僧が避けようとしても避けられない道・・・FRPです。(なんじゃそら)

FRPとは、Fiber Reinforced Plastics の略で、Fiber=繊維、Reinforced=強化された、 Plastics=プラスチックのことです。繊維と樹脂を用いてプラスチックを補強することによって、強度を著しく向上し、宇宙・航空産業をはじめバイク、自動車、鉄道、建設産業、医療分野等さまざまな分野で用いられています。

何が作りたいかといえば、TRX850のアンダーカウル。確かに社外品は販売されています。しかし、高い! 妄想は膨らみます。

まず、段ボールでどんな風になるか作ってみました。あー、これをマスターモデルにしてFRPで作ればいいんだな・・とちらっと思いましたが、よくよく考えるとFRP初仕事。こんな大がかりなものを初めて作って成功するはずはありません。しかも、材料はなく、一からですよ。たぶん社外品を買った方が安くつきます。

そこで、CBR250RRのロアカウルをぶった切ったものを元にして作ることを思いつきます。なんでも取っておくものですなー。(貧乏性) しかし、右側が破損しているので、ここをFRPで成形しなくてはなりません。破片を接いでいくのならよかったのですが、まるでないところを付け足すのは初仕事にしては大事の予感がします。

何とかして雌型を作らなければなりません。ネットで検索すると油粘土を使う方法がありました。これなら100均で揃います。FRPもホームセンターで補修用セットを手に入れました。最低限の出費で試してみたいと思います。

ダンボカウル装着!CBR250RRのロアカウルだと・・・右はこんな感じ
塗装はぎはぎアルミ板で成形し、粘土細工こんなもんかいなガラスファイバーを積層していきます
2度目でようやく硬化・・・成形してボルトで固定すると・・・(泣右側ズレズレ・・・クオリティ低く杉

ざっとこんな感じです。
画像からわからないことを補填すると、初めにポリエステル樹脂に硬化剤を混ぜる量が少なく、固まらなかった失敗から、今度は硬化剤を入れすぎ、2プライ目までで固まってしまったり・・・。粘度の「土手」が薄すぎて形が変わって困ったり・・・と散々でした。 :cry:

やはり決定的な失敗は雌型がいい加減すぎることで、相手と面が合わず、組んだら明後日の方向に向いたことでしょうか・・・。orz 確かに成功するとも思わなかったですが、ここまで酷いとは・・・。でも、要領はわかりました。販売されていない部品(特に外装)とかカウル補修には最適だと思います。今回もABS樹脂にあれだけ食いつくなら純正カウルにも有効でしょうから。

またの機会にがんばってみたいと思いますです。 8)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. くろすけ より:

    どんまいでございます 良くある事です
    masayanさんのチャレンジ精神には頭が下がります
    数多のチクチクとパテ粉の向こう側に思いを馳せて頑張って下さい

    アドバイス位なら出来ますし

    • Masayan より:

      ありがとうございます、師匠。
      一度やってみたかったんですよね。特に離型。パカって剥がれるところを経験してみたかった。(変態?)

      数多のチクチクとパテ粉の向こう側に思いを馳せて頑張って下さい

      名言ですなぁ∼。 :mrgreen:
      いやいや、ボクは積層過程でチクチクすると思いこんでいたのですが、そうじゃないんですね。成形する際の削りカスは恐怖ですな。無知とは恐ろしい。(苦笑)

      また教えてください。 :wink:

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

:x :wink: :twisted: :shock: :sad: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :cheesy: :arrow-u: :arrow-l: :arrow-d: :D :?: :) :!: 8)

プロビロナム