2009 SUPER GT 第6戦 FUJI

いよいよ残り3戦。今回からウェイトハンデが獲得ポイント「x2」から「x1」へ変更され、アップアップしてた上位陣は多少楽になるのではないでしょうか。

さて、予選はウェットでしかもかなり気温が低かった模様。スーパーラップでもスピンする車輌がいましたね。全体的にNSXが速く、今回はウェイトの少ないEPSON NSXが有力か? また、スーパーラップで2位につけたARTA NSXは前回の火災でエンジン積み替えたので、規定により10グリッド降格させられ、厳しい展開に。

レースはスタートでPETRONAS SC430 ロッテラーがロケットスタート。1コーナーの進入でイン側からロッテラー、ロイック、本山と並ぶ。身動きできないEPSON NSXのロイックは、後ろからENEOS SC430 ビルドハイムに追突され、スピンを喫す。当然、ぶつけたビルドハイムはピットスルーペナルティを課せられ、両者優勝圏外に脱落。特にENEOS SC430は他のSCの中でダントツに直線が速かっただけに残念であろう。これで3戦連続で勝てそうなレースを落としている。当てても当てられても損な話だよねぇ。

そんな展開の中、猛烈な追い上げをする車が・・・。ARTA NSX ファーマンである。最終セクションで驚異的なスピードを見せる。前のFUJIでもそうだったが、最終コーナーをインベタで回れるその旋回性能でパスする戦法だ。直線でGTRなんかと見比べるとかなりホイールベースが短く感じられる。ホント、NSXはコーナリングマシンだよね。しかし、ARTAの難点といえば、2年目の伊沢。まだ結果を残せていない。運も悪いのだろうけど、よくレースをダメにしちゃうのが気がかりなのだけど、今回は逃げ通せたね。これで、GTR一辺倒の展開を阻止できるか?

2位はランキングも競り合っているPETRONASとMOTULの戦い。老獪に押さえ込んでいた脇坂も猛獣ブノワには勝てず、最終ラップ前の最終コーナーでパスされてしまう。この結果により、ランキングでは本山・ブノワ組が一歩抜け出した感がある。

GT300は、外国車勢のオンパレード。有力国産車勢は共にウェイトが重いし、直線はさほど速くないので、フェラーリ、ポルシェ、ランボルギーニー勢に追いつけない模様。特にtriple aガイヤルドRG-3が予選1位を獲るまでになったことはますますGT300を混沌とさせるだろうね。あとはいかに安定して走りきるか・・・ってとこだろう。

最後の2、3周のフェラーリ同士の闘いはすごかった。ボク的にはあんなフェラーリを見たことがない。速いが、いつの間にか落ちていくという印象だったからだ。今回よくよくピット作業を眺めると燃費が悪いってのは致命的だなと思った。タイヤ交換なんかあっという間に終わるんだけど、給油時間の長いこと長いこと。せっかく身を削ってタイムを縮めてきたのに給油で追い抜かれてしまうなんて・・・。RX-7のタイヤ無交換作戦が痛いほどによくわかるってものだ。

ランキングを争っているその有力国産車勢だが、ちゃっかりポイントはゲットしている。3チームのドライバーが63ポイントで横並びというすげー展開。あと2戦、見逃せない。 :)

# RX-7のエンジンブローでリタイヤなのが惜しいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

:x :wink: :twisted: :shock: :sad: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :cheesy: :arrow-u: :arrow-l: :arrow-d: :D :?: :) :!: 8)

プロビロナム