そこまで来ている?

ひょっとしたら日本は、電気自動車が普及するにふさわしい環境を備えた国なのかもしれないと最近ふと思った。石油は他国から買っているので、もしも枯渇したり、価格を高騰させたり、戦争になったりすれば輸入できなくなるかもしれない。だから、早く電気自動車に切り替えようとするかもしれない。また、日本は狭い島国である。よって、そんなに航続距離は必要ない。よって、電気自動車で十分かもしれない。世界に先駆け高い技術力を所持すれば、新たなビジネスチャンスもあるかもしれない。

電池と共に問題なのが、充電設備。なんせこれから普及していくものなのでこれという決まりがない。家庭のコンセントから充電が究極の方法のような気もするのだけど、どうなるのだろう。電気自動車を作るメーカーと電気を売る電力会社が協力したり、争ったりする気がしないでもない。

三菱自は日本宅配システムとマンション向け電気自動車充電システムを共同開発

「電気自動車に充電インフラは必要か」

電気スタンドっていうのかしらん?アイミーブと充電器

もう中電さんは設置してますな。右のデカイのが急速充電器、左が普通充電器のようだ。なんかまだまだって気がしてたのにこんなものを見るとそんな遠いことでもないんだなと思っちゃいますね。

# 電気自動車は部品点数が少ないから、部品メーカーは生き残れるのかしらん?と不安になる要素も多い。 :arrow-u:

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. フク より:

    でも電気は殆ど火力発電所やで

    • Masayan より:

      あんた、それを言ったらお終いやないの。 :sad:

      でも、ホントにそうやねぇ。昔にかえるだけだけど、今更耐えられるかどうか・・・。 :!:

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

:x :wink: :twisted: :shock: :sad: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :cheesy: :arrow-u: :arrow-l: :arrow-d: :D :?: :) :!: 8)

プロビロナム