RD-H1リモコン分解図

前回分解してリフレッシュしたRD-H1のリモコンだが、経年変化には勝てなかったか、電源が入りにくい。TVもこれで起動させているので、にばいにばい!でやられたか。そんな時どうやって分解するのか?というコメントを頂いたので再度修理をかねて詳しく分解図をご紹介。手動スライドショーでお楽しみください。 8)

赤丸のネジ2本を外す

まず、リモコン裏にある単4電池2本を外し、精密ドライバー等でネジ2本を外す。各々ネジ長が違うので間違えないこと。

あっけなくとれて慌てるフラップ

リモコン下のフラップは左右の突起で固定されているだけなので、グレーの部分を広げるようにすると簡単に外れます。

そーっとそーっと・・

ツメはあまり強力でないのでハズしやすい方だ

精密ドライバの細めのマイナスでサイドの隙間に差し込み広げつつ、持ち上げるようにコジる。あまり強くやると傷だらけになるので注意。

あぶないお!

最後に赤外線送信部は要注意。無理に持ち上げるとぐにゃと曲がってしまうのでロックを外す代だけ持ち上げて後はスライドさせる。

お年寄りは夜やると見えにくい(笑

電源ボタン裏にアルミ箔を両面テープで貼って、リモコンを組み立てる。

RD-H1のリモコンはバラす時に爪が折れて破損とかになりにくいタイプのリモコンだと思う。チャレンジされたし。 :wink:

※ 赤外線送信部をリモコン上部とする
※ TVとHDDの切替SWと丸いナビゲーションボタン?がバラバラになるので慌てない慌てない

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 通りすがりのものです より:

    いやはや、驚きました。
    私の質問がきっかけの一つとなって記事になるとは、
    思ってもみませんでした。

    写真も沢山掲載されており、非常にわかりやすく、
    手順のとおり分解ができました。
    ありがとうございました。

    しかし、どうやら私のリモコンの方は、アルミテープを
    はっても反応がなく、完全にご臨終してしまっていた
    ようです。。
    原因は別のどこかにあるんでしょうね。

    やるだけやったので、今は仕方ないと思えるようになり、
    ある意味満足しております。
    これもMasayanさんのおかげです。

    今回はネットの素晴らしさを教えていただきました。
    この場をお借りし御礼申し上げます。
    ありがとうございました!

    • Masayan より:

      無事分解できたのは何よりでした。
      しかし、直らなかったのですね。orz
      リモコン自体なんでしょうかね。まぁ、そんなこともあるでしょうね。残念でした。

      今回はネットの素晴らしさを教えていただきました。
      この場をお借りし御礼申し上げます。

      なにやらネットは怖いところだ..みたいな風潮もありますが、ボクは世の中そんなに捨てたものじゃないと思いたい(信じたい)です。ボクも教えてもらうこともあるでしょうから・・・。 :wink: