H42Aレポート

先日、津山出張でした。いつもの時間にいつものルートでお出かけ。そう、やまなみ街道ですねー。古いクルマを処分したのでボクの営業車はゆくゆくこのH42A(いわゆる世間で言う三菱トッポBJ)になるのですが、今回コイツで出かけてみました。

やまなみ街道はアップダウンの厳しい中速主体のコーナーが多い広域農道です。通勤時間であってもほとんど車どおりのない快適ルートなのでした。まず、そのきつい勾配の登りで早くも欠点を露呈するH42A。

の、登らん・・・

とりあえず、コイツの3速ATは速度の上昇が鈍くなると有無を言わせずシフトアップするので、すごい失速するのです。平地ではまるで気になりませんが、この3速のギア比は異常です。たぶん安直にカタログ燃費向上を狙ったのでしょう。とにかくストレス溜まりまくりなので、登りは2速ホールドで試してみます。回転が上がると気持ち悪い排気音が響きます。音質がサイテーなので、まるで気分が乗りません。(笑) どうでしょう、Dレンジでキックダウンさせるのと2速ホールドとどちらがいいかといえばやはり2速ホールドでしょうね。キックダウンさせてもすぐシフトアップしてしまうこのスケジュールはやはり燃費狙いのセッティングなんですかね? これでは燃費悪化は避けられないと思うのですが・・・。三菱の軽自動車のATはどうも他車より滑ってるっぽいことが昔から気になっていました。エンジン始動時はそれが顕著でかなりアクセルを踏み込まないと動きださないのですよね。 :!:

それはまぁまぁいいとして、ほぼ10年選手のH42Aはサスが終わってました。ハンドルを切るとロールがぐらっときて曲がり始めます。ワンテンポ遅れるのでワンテンポ早くハンドルを切ると今度はタイヤが泣きを入れてきます。純正サイズのタイヤじゃ役不足のようです。

そういう車ではないことはわかっています。が、ボク的にはその車の限界近い?ポテンシャルを発揮すればそのような車ではなくてもスポーツできるという主義です。道中をそこそこ楽しみ目的地に到着したのでした。 :)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

:x :wink: :twisted: :shock: :sad: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :cheesy: :arrow-u: :arrow-l: :arrow-d: :D :?: :) :!: 8)

プロビロナム