マシントラブル発生

やっと塗装が完成しました。前回、激安ラッカーで塗っていた模様を投稿しましたが、あれがどうにもならなくて、いつもの塗料でやり直しました。というのもまるで塗装が乾かないというか、暖まるとズルズルになっちゃうんですよね。そんなんじゃ、真夏は乗り切れそうにないので思い切ってやり直したわけです。でも、やっぱり塗装は難しい。かなり妥協しちゃいました。でないと間に合いそうにないから・・・。orz

できたーー!

やっと、カウルをつけられるようになったのでエンジンを始動してみます。15分(笑)程度でエンジンはかかりました。アイドリングしませんが、ちょっと駐車場をグルグルまわってエンジンを暖めてみました。なんとか走れるようです。

一度エンジンを止め、アイドリングするようにとキャブをもう一度掃除してエンジンスタート・・・と思ったら、思いっきりかかりません。腕が上がるほどスターターを引きましたがダメです。かかるにはかかるのですが、すぐに止まる。なぜ??

なんだかキルスイッチが怪しかったので、CRC責めしときました。30分(汗)してやっと始動。調子に乗って駐車場を攻めます。近所のオバさんに白い目で見られつつ、周回してました。やたらうるさいんですよね。よく見るとカウルとフレームが干渉してエンジン音よりビビリ音の方が大きいのでした。また、止めて干渉部分をカット&保護。あと、急にバンキングが早くなるのがコワイので、アンソニー・ホプキンスばりにネコ車タイヤをカッターで丸くします。(世界最速のインディアンを見るとわかるよ)

結構難しいあるよ

再々スタート。なんか走るコツもわかってきましたよ。アクセルは緩めずにブレーキで速度調整するとコーナリングが安定しますな。そろそろ燃料も尽きるころ、バイクが急に怪しい挙動に・・・。

ぶびびびーーーん・・・

エンジン回転は上がれども、前に進まず。(たらり) いかん、いかんです。大変嫌な予感がしますですよ。 :sad:

やっちまったぜい

無残なことに・・・矢印の部分が剥離したコイツを探さネバダ

遠心力クラッチがボロボロです。経年変化にボクの体重をモロに受けてお亡くなりになった模様です。果たして、部品はあるのでしょうか?(何のために塗装したと思ってるんだ!)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. フク より:

    何やってんだか(ー_ー)!!
    ちゃんと直してもってこな!!

    そうそう、今回ロッジだからね。