革巻ステアリングにしてみるよ

最近のクルマのウレタンハンドルって、一昔前に比べて質感がエライ下がったような気がします。前のクルマでは思いもしなかったのですが、このヴォクシーのハンドルの触感は個人的に許せそうにありませんな。ボクの歴代のクルマはよく考えるとすべてハンドルを交換していました。結構な物好きさんです。気持ちいいドライビングは気持ちいい触感から・・がポリシーです。

しかししかし。近年エアバッグが標準装備され、ハンドル交換もままならないご時世です。もちろん、ワンオフ製作とかあるのですが、そりゃもう高価で庶民には手も出せないのであります。ググれば、自作している方とかいるのですが、さすがに純正レベルは厳しい状況のようです。

Error: Suspended

じゃじゃーーん。救世主現る。ステアリングカバーと言いつつも、縫製すれば純正メイドの革巻ステアリング風に変身します。しかもリーズナブル。

ATCステアリングカバー取付方法

コレを見たらちょっと萎えました。果たして、自分で出来る物なのだろうか?問題はそこでした。しかも・・・

このステアリングカバーを取り付けるお車で、左右のスポーク部分にプレートがある場合は下記要領で作業を行って下さい。
このプレートは、エアバックステアリング全体を取り外さなくては取り外しする事はできません。よってレザーカバーの貼り付け作業としましては、あまった部分をプレートとスポーク部分の境に合わせて綺麗に切って張り付けていただくか、ヘラ等を使用してプレートとスポーク部分との間に押し込む処理していただくことになります。(押し込む場合、ほとんど隙間がありませんのでレザーカバー、プレート、ステアリング本体を傷つけないように慎重に作業をおこなってください。)
本体を取り外して作業する場合は、充分に知識をもった専門店もしくはディーラー等で行うことを強くお勧めいたします。

ひいいいっ・・・

しかし、もうボクのハートは着火してたため、とりあえず在庫確認。1つだけメーカーにあり、即納可でした。これは運命でしょう。Masayan、行きます!

結論から言いましょう。(ボクにとっては)そんなに難しい作業ではありませんでした。確かにボクの車種はハンドルを外さないとキレイに出来ないでしょうが・・・。

ぱっつんぱっつんこのマークを・・・(次画像へ)ステアリング下部のこの丸に合わせる

気づいた箇所は・・・

  1. 昼間に作業しましょう。老人は老眼鏡が必須です。
  2. 注意書きに怯える必要はありません。少々引っぱっても革はちぎれないし、糸も切れません。
  3. まず、ステアリングにかぶせるのが一苦労かもしれません。w
  4. 位置決めはキモ。慌てず、あわせましょう。(写真参照)
  5. 4本スポークは難しい。縫製距離は長い方がラク。
  6. 始点、終点の同じところ3度巻は無理!
いいじゃんいいじゃん作業時間約3時間

いいでしゅいいでしゅ。もっと太くなるかと思ってたのですが、そんなこともなく、仄かに革の香りが良い感じです。ああ、早く運転したい・・・・。 :)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

:x :wink: :twisted: :shock: :sad: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :cheesy: :arrow-u: :arrow-l: :arrow-d: :D :?: :) :!: 8)